ペナルティ・ワッキー、喉頭がん治療の過酷さ語る 芸人としての不安も吐露

ペナルティ・ワッキー、喉頭がん治療の過酷さ語る 芸人としての不安も吐露
拡大する(全1枚)

芸人としての今後に不安を洩らすワッキー/公式YouTubeより

お笑いコンビ「ペナルティ」の2人が2月21日、公式YouTubeチャンネルに、10ヵ月ぶりの再会を果たした直後のトーク動画を公開。ワッキーが、がん治療のつらさや芸人としての今後を語った。

ペナルティ・ワッキー、ヒデへの“再会ドッキリ”に感動の嵐「もらい泣き」「胸熱くなった」

胃に穴開けて栄養剤注入…喉頭がん治療の過酷さ語る

ワッキーは2020年4月、ステージ1の中咽頭(ちゅういんとう)がんであることが発覚(所属事務所・吉本興業が同年6月公表)。以来、芸能活動を休止して治療を続けていた。21日公開の動画では、「【未公開】10カ月ぶり再会ドッキリ直後 久々に2人でトーク」と題して、ワッキーとヒデが語り合った。

ワッキー本人いわく、治療は放射線治療と抗がん剤治療を選択。動画内ではふっくらした顔つきだが「のどのがんって長い。のどが痛くて、夜もずっと眠れない。体調悪くなって痩せていく」と当時の状況を説明。のどから食事ができないため、胃に穴を開けて直接栄養剤を注入する「胃ろう」という方法をとって、治療生活を送っていたという。

ワッキーは頭髪問題にも言及。以前のように短髪に刈り込みたいと思っていたが、妻に伸ばすことをアドバイスされ、いざ伸ばしてみたら「禿げてるオジさん」になっていたと自虐。「抗がん剤で髪の毛が抜けるって有名なことじゃない。そこってあんまりイジれない。実はナチュラルにハゲているのに、そこをツッコんでもらえない」と芸人としての不安を漏らした。

さらにワッキーは、大声が出せない病室で生み出した小声ギャグシリーズなどを披露。「ギャグができるようになったのは嬉しい。(入院中に)コントやりたいと思った」と笑みをこぼしていた。

当時の記事を読む

MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月22日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。