YouTube再生回数伸び悩み…ホリエモンはどこへ行く?

YouTube再生回数伸び悩み…ホリエモンはどこへ行く?
拡大する(全1枚)

堀江貴文氏/YouTube公式チャンネルより

新型コロナ対応に関連した政府・自治体対応やマスコミへの批判に始まり、自ら出資するロケット事業の打ち上げの延期を要請されたことにヘソを曲げ、北海道大樹町からの住民票移転、マスク着用を巡るギョーザ店とのイザコザ、そのギョーザ店をクラウドファンディングで救ったひろゆき(西村博之)氏への一方的は絶縁宣言…と、最近では実業家というより“トラブルメーカー”として存在感を示している感のある堀江貴文氏だが、数あるソーシャルメディアで発信活動する中で、その主戦場ともいえるYouTube「ホリエモンチャンネル」の再生回数が激減している。

手越祐也、人生初の禁酒 飲酒現場目撃したら「首絞めて」

YouTube伸び悩みも…手がける事業は多角化

最盛期には200~400万回再生だったものが、騒動以降、急激な“ホリエモン離れ”が進み、良くて20万回再生、1万回台の動画も散見し始めている。かろうじて「NewsPics」とのコラボで下支えされている面もあるが、共演するのは、メディア批判などで論を同じとする評論家か、自身が主宰する「ゼロ高」の生徒といった“イエスマン”ばかり…。

もちろん当人はYouTuberとして生活しているわけではなく、情報発信もTwitter、ClubHouse、ニコ生のブロマガチャンネルなど、多岐に渡り、YouTubeの再生回数は減ったからといって忘れ去られた存在とは一概には言えないものの、既存メディアや意見を異にする相手を、時には口汚い言葉で罵り、恩人や支援者(※北海道大樹町は町長の計らいでロケット発射場を無償で提供。また西村博之氏もライブドア事件時に堀江氏を支援)をも平気で切り捨てる姿勢にそっぽを向かれた側面もあろう。


あわせて読みたい

MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月9日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。