就活スーツが「黒が主流」になったのはいつから? 考えられる理由は?

就活スーツが「黒が主流」になったのはいつから? 考えられる理由は?

就活用に、あなたは何色のスーツを選びましたか? おそらく「黒」を選んだ人が大多数を占めるのではないでしょうか。マイナビが行った2013年の調査(※)でも、就活スーツの主流は黒。このような状況になったのは一体いつから? 何か理由はあるのでしょうか?

マイナビ 2013年度調査はこちらから
男性編:http://student.mynavi.jp/style/fashion/mendata/q2.html
女性編:http://student.mynavi.jp/style/fashion/womandata/q2.html

【00年代以降、じわじわと売り上げが拡大】
バブル期の25年前(1988年)に就職活動をした人に聞くと、就活スーツと言えば紺色もしくはグレーだったと言います。「黒いスーツはあまり見かけなかった」とも。
青山商事株式会社 TSC(ザ・スーツカンパニー)事業本部長の水谷修氏によると、20年前(1993年)でも、まだ黒い就活スーツのシェアは「ほぼゼロだった」とのこと。増え始めたのは12~3年ほど前からで、大きな転換点があったわけではなく、じわじわと黒いスーツが主流に変わっていったそうです。

【ビジネス界での流行が就活スーツにも影響?】
では、黒い就活スーツが売り上げを伸ばした理由・背景には、一体何が? 「まず黒をベースにしたビジネススーツが流行したことが考えられます。その流れが就活スーツの売り上げにも影響したのでしょう」(水谷氏)。
また、バブル崩壊後から長く不景気が続いたため、「黒なら冠婚葬祭にも使える」といった節約精神も、黒人気の一因になったようです。さらに、「就職難のなか、無難を求めて多数派にならう風潮が、現在の『黒が圧倒的に主流』という状況につながったのでは」と水谷氏は分析します。


あわせて読みたい

マイナビ学生の窓口の記事をもっと見る 2013年11月9日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら