社会人スタートから借金を抱える不安......。奨学金の返済はなるべく急いだ方がいい?

社会人スタートから借金を抱える不安......。奨学金の返済はなるべく急いだ方がいい?

長びく不況で、教育費の全額を親が負担することができず、奨学金をもらいながら大学に通う学生は年々増えています。この2月にマイナビが、卒業予定の19~29歳の内定者379人に実施したアンケートでも、実に45.6%が奨学金を受給。そのうちの多くの人は卒業と同時に返済を始めなければならず、平均返済金額は324万円、完済予定期間は約18年となっています。そしてここ数年、さまざまな事情で奨学金が返済できなくなる滞納問題など、ネガティブな報道も目につくようになってきました。
確かに社会人生活のスタートから大きな借金を負っていると考えれば、先行きに不安を感じる人もいるでしょう。でも実際のところ、奨学金はできるだけ急いで返済した方がいいお金なのでしょうか? ファイナンシャル・プランナーの風呂内亜矢さんにお話を伺いました。

Point1 奨学金の金利は他の借金よりずっと有利
日本学生支援機構の奨学金の金利は、時期により変動はありますが、だいたい1%前後(第二種奨学金の場合)。最大でも3%以内と決められています。ちなみに平成25年の固定型利率は0.79%~1.09%、変動型利率(一定期間で利率を見直す方式)は0.2%~0.3%と、とても低利率。たとえばメガバンク系のカードローンの金利は4~14%、消費者金融は5~18%くらいなので、ほかの金融機関の融資と比べてみてもかなり良心的です。ですから、決められた返還年数を使って返したとしても、利息の支払いはさほど大きな負担にはなりません。


あわせて読みたい

マイナビ学生の窓口の記事をもっと見る 2014年4月11日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。