「貯まる体質」を目指す第一歩! 社会人になったら始めたい「財形貯蓄」とは?

「貯まる体質」を目指す第一歩! 社会人になったら始めたい「財形貯蓄」とは?

社会人になったら、自分の収入で旅行やグルメ、習い事などを楽しみたい! と思っている人も多いでしょう。でも今やりたいことだけでなく、将来の結婚や子育て、住宅購入や老後などのライフイベントに備えて「貯金」の習慣を付けるのも、社会人として大切なことです。
そこでお勧めしたいのが、毎月の給料から決まった額を天引きしてお金を積み立てる「財形貯蓄」。従業員1000人以上の企業の8割以上が、社員向けに実施している制度です。財形貯蓄について、ファイナンシャル・プランナーの風呂内亜矢さんに解説していただきました。

Point1 財形貯蓄制度は3種類ある
①一般財形......目的が限定されず、車の購入や旅行、引っ越しや結婚資金などさまざまな出費に自由に使える貯蓄。積み立て期間は3年以上ですが、貯蓄開始から1年経てばいつでも引き出しできます。
②住宅財形......マイホームの建設、購入、リフォームの資金を目的とした貯蓄。積み立て期間は5年以上で、住宅資金が必要な時に引き出せます。
年金財形......老後の年金として受け取るための貯蓄。積み立て期間は5年以上。満60歳以降に、5年以上の期間で受け取る事ができます。

Point2 定期預金並みの金利で、税金面も優遇!
財形貯蓄の金利は銀行の定期預金と同じくらいですから、普通預金で積み立てるよりもちょっぴり有利。さらに最大のメリットは、「住宅財形」と「年金財形」の合計貯蓄残高が550万円になるまで、利子がすべて非課税で引き出せることです。通常の金融商品の利子には原則20%の源泉分離課税がかかるので、この条件はとても有利! ただし、それぞれの目的(住宅・年金)以外で引き出す場合は課税対象となります。また、使用目的が自由な「一般財形」も、利子には通常通り20%の源泉分離課税がかかります。


あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビ学生の窓口の記事をもっと見る 2014年4月10日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。