世界一周バックパッカーに聞く、「海外で危険から身を守る方法」

世界一周バックパッカーに聞く、「海外で危険から身を守る方法」

海外でトラブルにあう日本人のニュースが増えています。卒業旅行や春の旅行シーズンを控え、海外旅行はやっぱり不安......と感じている人も多いのではないでしょうか? 

今回のちょいたつ(ちょい達人の略)は、約2年間にわたり、世界中で働く日本のビジネスマンを訪ねる旅に出た、サムライバックパッカープロジェクト発起人の太田英基さん。長期にわたる旅の中で様々な体験をした太田さんに、快適に世界を旅行するために欠かせない「サバイバルテク」について聞きました。


■観光地が最も危ない!

Q.世界中を回った実感として、どこの国が危険と感じましたか?


「危険度は、特定の国というよりも特定の地区の治安によります。最も気をつけるべきは『観光地』。一部のインド人は、日本人の大学生の春休みと夏休みに合わせて観光地へ向かうらしいですよ(笑)。日本の学生はそれくらい狙われています」

なるほど、むしろ観光地が危ないんですね。

●平日昼間の観光地で話しかけてくる人には要注意!    
「僕の原則ですが、基本的に、平日の昼間に観光地で話しかけてくる現地人はだいたい怪しい。まともな人は仕事していますから、99%クロです(笑)。語学の勉強と思って関わる人もいますが、大体は危険な目にあったりします」

どのように予防すればいいのでしょう?

●旅行者が一番危ない! 現地人になりきれ!(笑)
「『旅行者』に見えないようにすることが効果的です。僕は、世界中で働く日本のビジネスマンに会うことを旅の目的にしていたので、ジャケットや革靴などセミフォーマルまで対応できるようにしていたのですが、そんな格好では旅行者には見えません。ガイドブックや一眼レフ、ウェストポーチを持って歩くのが一番狙われやすいんです」


あわせて読みたい

マイナビ学生の窓口の記事をもっと見る 2013年3月19日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。