弁護士に聞いた! 司法試験合格のためにどれくらい勉強が必要なの?

弁護士に聞いた! 司法試験合格のためにどれくらい勉強が必要なの?

「司法試験」といえば生半可なことでは合格できない国家試験として知られています。この試験に受からないと、「裁判官」「検察官」「弁護士」などの法曹資格を持つことができません。司法試験に受かるにはどのくらい勉強しないといけないのでしょうか?

アディーレ法律事務所の篠田恵里香弁護士にお話を伺いました。篠田先生は普通に会社勤務をされていましたが、そこから一念発起して司法試験に合格、弁護士になったという方です。

■「方法と心構え」が大事です!

――司法試験に合格するために、どのくらい勉強が必要でしょうか?

篠田弁護士 それなりの勉強が必要ですが、信じられないほどの量ではありません。「司法試験」というと、みなさん「六法全書を全部覚えるんですよね」と口をそろえておっしゃられます。司法試験合格のためには、あり得ないくらいの量と時間、勉強が必要というイメージなのでしょう。

司法試験に受かるための勉強は、「方法と心構え」さえずれていなければ、さほど多くの時間を費やす必要はありません。法科大学院で勉強している方は、授業が終わってから毎日4-5時間、土日に各10時間ほど勉強すれば、卒業後、2年間で一発合格することも十分可能だと思います。

――それでもやはりかなりの勉強量が必要なのですね。

篠田弁護士 大事なのは、量や時間ではなく「やり方」ですね。逆に言えば、勉強のやり方が間違っていれば、1日18時間で5年間勉強しても合格ができない、そういう試験だともいえると思います。


あわせて読みたい

マイナビ学生の窓口の記事をもっと見る 2015年7月27日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。