日本国内で7年ぶりとなる大規模個展「蔡國強展:帰去来」が横浜美術館にて開催中

日本国内で7年ぶりとなる大規模個展「蔡國強展:帰去来」が横浜美術館にて開催中
「桜」2015年、火薬・和紙、作家蔵

『蔡國強展:帰去来』が、2015年7月11日(土)から10月18日(日)まで、神奈川県の「横浜美術館」にて開催されている。

1957年、中国福建省泉州市で生まれた蔡國強(ツァイ・グオチャン/さいこっきょう)は、1986年末から約9年にわたる日本での創作活動を経て、1995年からニューヨークを拠点に創作活動を続ける、現代美術を代表するアーティストのひとり。2008年の北京オリンピックでは、開会式・閉会式の視覚特効芸術監督として花火を担当し、世界中から注目を集めた。

本展は、日本国内で7年ぶりとなる大規模な個展となる。99匹の狼のレプリカで構成される全長40メートルにもおよぶ作品『壁撞き(かべつき)』が日本初公開されるほか、火薬を爆発させてカンヴァスや和紙に画像を定着させる『火薬ドローイング』や、240枚の白い磁器製のパネルに四季の草花や小さな生き物がレリーフで描かれた『春夏秋冬』、テラコッタのインスタレーションなどの新作が展示されている。

日本国内で7年ぶりとなる大規模個展「蔡國強展:帰去来」が横浜美術館にて開催中
「壁撞き」2006年、狼のレプリカ(99体)・ガラス、サイズ可変、ドイツ銀行によるコミッション・ワーク
日本国内で7年ぶりとなる大規模個展「蔡國強展:帰去来」が横浜美術館にて開催中
「春夏秋冬」より(部分)2014年、火薬・磁器、作家蔵

なお、タイトルの「帰去来(ききょらい)」は、中国の詩人、陶淵明(とうえんめい)の代表作「帰去来辞(ききょらいのじ)」から引用している。官職を辞して、故郷に帰り田園に生きる決意を表したこの詩は、泉州から日本を経てニューヨークへ渡った蔡が、アーティストとして日本という原点に戻るという意味が示されているという。

会期は、2015年7月11日(土)から10月18日(日)まで。会場は、横浜市西区の「横浜美術館」。開館時間は、午前10時から午後6時(9月16日と9月18日は午後8時)まで。最終入場は閉会の30分前まで。休館日は木曜日。入場料は、一般1,500円、高校・大学生900円、中学生以下は無料。

あわせて読みたい

マイナビ学生の窓口の記事をもっと見る 2015年8月9日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。