悲劇!「なんでも鑑定団」で、400万の陶器が偽物と判明

悲劇!「なんでも鑑定団」で、400万の陶器が偽物と判明

20日の「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)で、長野県飯田市の依頼人が退職金をつぎ込んで購入した陶器が「偽物」だという鑑定結果が下ってしまった。

依頼人は4点の骨董品を鑑定に出したのだが、「骨董収集歴は20年、コレクション品は100点に及ぶこと」が紹介され、依頼人自身も『自分の目には自信があります!そんじょそこらのコレクターには負けません!』と自信たっぷりなコメント。

VTRによると、依頼人は骨董仲間から「1,000万円の品でも100万円で販売する」と言われ、“千載一遇のチャンス"と感じて退職金400万円を全てつぎ込み「唐三彩の小壺」など4品を購入したという。それを見ていた司会の今田耕司からは『うわぁ…危ないなぁ』という声が早くもポロリ。

そして登場した依頼人は、今回鑑定に出した陶器を購入価格と同様「400万円」と評価。ところが、古美術鑑定家の中島誠之助氏をはじめとする鑑定団が出した評価額は「4,000円」だったのだ。スタジオは騒然となり、依頼人もかなりショックを受けていた。

鑑定団に判定結果を聞くと、中島氏は『ヒドイ偽物ですね!』と声を憤らせ、"「唐三彩の小壺」にしては、色合いに深みが足りない"など、指摘。加えて、『お金出し過ぎましたね・・もっと勉強なすってください」と依頼人に語ると、当人は『真面目に働きます』と肩を落とした。

客席で見ていた依頼人の妻は涙声で『東京見物して帰ります』と一言。今田はどうすることもできず『声になってませんからぁ・・・申し訳ありません…』と頭を下げた。ショック極まりない話である。

※画像はイメージです。

あわせて読みたい

マイナビ学生の窓口の記事をもっと見る 2015年10月22日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。