合戦で日本刀はほとんど使われなかったって本当?

合戦で日本刀はほとんど使われなかったって本当?
学生の窓口編集部
時代劇の見せ場である「チャンバラ」。合戦シーンではいたるところで一騎打ちが描かれているが、実際は、刀はほとんど使われていなかったのはご存じだろうか?

合戦での主力兵器は鉄砲や投石といった「飛び道具」で、堂々と名乗るどころか、誰が相手たかもわからないまま決着がつくのがほとんどだった。近接戦では槍(やり)が一般的で、これも「突き」ではなく上から叩くのが常識。これらの武器が尽きると刀の出番となるが、鎧(よろい)を貫くほどの攻撃力はなく、最後の護身用として使われていたのだ。

■戦国時代に「石投げ合戦」?
戦国時代の合戦を描いたドラマでは、
 ・相手に名乗る
 ・刀で一騎打ち
なんて礼儀正しいシーンが見られるが、これがいきなり始まるわけでもなく、全体からみれば極めてまれな光景である。まずはリスクの少ない長距離戦が当たり前で、「石を投げつける」という子どものケンカのような攻撃、鉄砲、矢などの「飛び道具」を使った無差別攻撃が標準的だった。

ご存じのように当時の火縄銃(ひなわじゅう)は、現代のようなカートリッジ式の銃弾ではなく、火薬と弾を別々に補充する仕組みだった。そのため1発打ち終わると銃身から火薬、弾の順に詰め、再度敵に狙いを合わせて、と、まどろっこしい。やがては複数の銃身を持つ三連筒/六連筒も登場するが、補給にテマがかかるのは変わりがない。現代のように主力兵器にならなかったのもこのためだ。

飛び道具の次に登場するのは槍(やり)だ。現代では「突く」武器として認識されているが、振り回して上から「叩く」のが正しい使い方。長さにものを言わせて「超・長い刀」として使っていたのだ。

あわせて読みたい

マイナビ学生の窓口の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月25日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。