恋人がいると健康にもなる!? キスで「アレルギー」が治るってほんと?

キスには免疫を高める効果もみとめられています。自分が持っていないバイ菌をもらうことで、強いからだを作っているのです。

女性にとっては聞きたくない話でしょうが、どんなにキレイにしていても人間のからだはバイ菌だらけで、成人になると100種類以上の菌とともに暮らしています。これらは「いつもいる」の意味から常在(じょうざい)菌と呼ばれ、ビフィズス菌のような役に立つものもいれば、ニキビの原因で知られるアクネ菌など悪さをするものもいます。口のなかには虫歯の原因となるミュータンス菌、食中毒のもととなる黄色ブドウ球菌なども存在し、キスはこれらを「移す」働きを兼ねています。

菌コエェ!と心配しなくても大丈夫、ある程度抵抗力のついたおとな同士なら、自分が持っていない菌をもらうことで、自分のからだを強くできるからです。いままで持っていなかった菌が体内に入ると、最初は具合が悪くなるかも知れませんが、やがてその菌に対抗する力がつき、つまりは免疫力が高まるのです。これはまさに「予防接種」と同じ原理ですので、人間はキスによって互いを強くし合っている、とも表現できるのです。

ただし、これはある程度の免疫力がついていることが前提で、赤ちゃんやからだが弱っているひとのキスは「害」になることもあります。ママが虫歯だと赤ちゃんが虫歯になる率は2倍にも高まるというデータもあり、これはまさにミュータンス菌が移った証拠。箸やスプーンを介した「間接キス」でも移るので厳禁、もうすぐ結婚!と考えているひとは、まずは虫歯の治療に専念しましょう。

年末年始には親戚と会う機会が増え、なかにはちびっ子もいるでしょうが、虫歯を移してはタイヘンですので、再会の「チュウ」は控えたほうがよさそうです。

■まとめ

 ・キスがアレルギー症状を緩和することがわかった

 ・この研究で、イグ・ノーベル医学賞を受賞

 ・自分のバイ菌を移し、相手の免疫を高める「予防接種」のような作用もある

 ・虫歯も移るので、赤ちゃんやちびっ子へのチュウは要注意

(関口 寿/ガリレオワークス)

あわせて読みたい

マイナビ学生の窓口の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月4日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。