管理栄養士が教える! びっくり高カロリーな菓子パンの現実

管理栄養士が教える! びっくり高カロリーな菓子パンの現実


筆者は大の菓子パン好きです。毎朝菓子パン2~3個とコーヒー、おなかが空いている夜には3個はペロリ、ということもあります。糖尿病クリニックで患者さんの食事指導にあたる管理栄養士の西山和子さんにそれを話すと、「菓子パン3個だけで1日分に必要なカロリーを食べている計算になるんですよ。それ以上の食事はすべて、『1日のカロリーオーバー分』になります。しかも栄養バランスが非常に悪いです」と目を丸くされました。そこで西山さんに、菓子パンのカロリー情報や食べ方の注意点について聞いてみました。

■メロンパン、アンパン、チーズ蒸しパンの合計で1,500キロカロリーに

まず気になるのは、パンとごはんではどちらがカロリーが高いのかということです。西山さんは、人気の菓子パンを例に挙げて説明します。

「菓子パンは1個だとおなかがいっぱいにならないのでカロリーが低いと勘違いしていることが多いのですが、実はごはん一膳よりもかなりカロリーは高めなんです。

例えば、コンビニやスーパーで売っているメロンパンは1個につき100グラムもありませんが、メロンパン・チーズ蒸しパン・デニッシュパン・クロワッサンは1個約400~550キロカロリー、アンパン・クリームパンは約250~350キロカロリーです。大きめや、チョコレートやクリームで味付けしてあるメロンパンなら1個700~800キロカロリーになります。

一方で、白いごはんはお茶碗に軽く一膳で約150グラム・240キロカロリーです。100グラムに換算すると約160キロカロリーになり、菓子パンに比べるとカロリーはかなり低くなります」


あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビ学生の窓口の記事をもっと見る 2015年12月6日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。