管理栄養士が教える! びっくり高カロリーな菓子パンの現実

えっ、そんなに差があるのですか。昨夜の食事では、白いごはんに変えて、メロンパンとチーズ蒸しパンを食べたのですが……。

「それだけで、1,000キロカロリーは食べていますね」(西山さん)

ええっ、筆者の一日の基礎代謝は、ヘルスメーターによると約1,200キロカロリーなんですけど……。朝と昼の食事分を足すと、すっかりカロリーオーバーです。

「メロンパンとチーズ蒸しパンのカロリーを初めて知った人は、たいていがく然とされます。1日に必要な摂取カロリーの基本は、身長170センチの人で約2,000キロカロリー、160センチの人で約1,800キロカロリーです。これ以上を毎日食べて積み重ねると、カロリーオーバーになって太っていきます」と言う西山さんは、メロンパンについてこう説明を続けます。

「メロンパンのカロリーが高い理由は、メロン風味のクッキー生地にあります。小麦粉、バターやマーガリン、砂糖をたっぷり使ってあり、グラニュー糖や食用油でコーティングして焼き上げています。フルーツのメロンの栄養素はありません」

続いて、ドカ食いが目立つ菓子パンの組み合わせと栄養についても注意を促します。

「見た目にシンプルな食パンは、5枚切りで1枚約200キロカロリー、ロールパンは1個約100キロカロリー、コッペパンは約300キロカロリーです。たくさん食べても大丈夫そうという安心感からか、バターやマーガリン、ジャムをたっぷり塗ってドカ食いする人が多いようです。それらを塗るとさらに100~400キロカロリーはオンされ、バタートースト1枚で約300~500キロカロリーになります。それに、これらだけだと栄養が糖質と脂質にかたよります。


あわせて読みたい

気になるキーワード

マイナビ学生の窓口の記事をもっと見る 2015年12月6日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。