無理なく節約! ちょっとした工夫でできる節電テクニック

無理なく節約! ちょっとした工夫でできる節電テクニック

大学生になって初めて一人暮らしをする人の中には、自分一人が1カ月生活するためにどのくらいのお金が必要になるのか、不安に感じる人も多いと思います。両親からの援助はあるものの、できるだけ負担はかけたくないし、かといって授業をおろそかにしてまでアルバイトをするわけにも行きませんね。今回は、無駄使いが多いと言われる光熱費についての節約法を紹介していきます。

【学生一人にかかる平均的な光熱費は?】

節約する前に、1か月の平均的な光熱費の金額を見ていきましょう。ガス代については、プロパンガスか都市ガスかによって大きく異なります。プロパンガスのほうが都市ガスより高いのが一般的です。だいたいの平均として、光熱費は1万円ほどかかるようです。もちろん個人差はあります。

最近では、水道光熱費が家賃に含まれている賃貸住宅や、太陽光パネルが設置されているためにオール電化になっており、電気代が安くなる賃貸住宅もありますが、いかんせん供給量が少なく、しかも家賃が相場よりも高いのが欠点です。プロパンガスかオール電化かどちらかを選ぶ場合は、一括して管理しやすい上に時間帯割引なども適用されますのでオール電化を選びましょう。

【ちょっとした工夫でできる節電法】

電気代は意外にも無駄にしている部分が大きいものです。その最たるものが、家電の待機電力になります。家庭によっても異なりますが、待機電力は毎月の電気代の1割を占めるとも言われています。かなり大きいですね。この無駄をなくすには使わない家電のコンセントを抜いておくことが必要になります。しかし使うたびにコンセントを抜き差しするのも、なかなか面倒ですよね。そういったときに便利なのが、スイッチ付の省エネコンセントタップです。使っていないものについてはスイッチをOFFにし、使う時だけONにすることで節電につながります。また、ノーマルな電源タップもまとめて抜き差しすることで、節電と面倒くささを両立させることができます。パソコンやその周辺機器などをまとめてひとつのタップにしておくといいでしょう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 節約 レシピ
マイナビ学生の窓口の記事をもっと見る 2016年7月9日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「節約 + レシピ」のおすすめ記事

「節約 + レシピ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「貯金」のニュース

次に読みたい関連記事「貯金」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら