免疫力をあげる“LPS”を摂取して風邪やインフルエンザを予防しよう

免疫力をあげる“LPS”を摂取して風邪やインフルエンザを予防しよう
学生の窓口編集部
       

免疫力をあげる“LPS”を摂取して風邪やインフルエンザを予...の画像はこちら >>

20日に放送された「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)では免疫力をあげる、細胞LPSについて解説した。
インフルエンザが猛威をふるう時期、かかる人とかからない人がいるが、それは免疫力の差。

免疫力が低下すると、風やインフルエンザなどの病気になってしまう。
免疫力は、病気になる原因や体に入ってきた異物をマクロファージという細胞が食べて排除する力で、このマクロファージは体中に存在して、体を守っている。

しかし、ストレスなどでマクロファージの働きが弱くて、異物を排除できない人もいる。
そのマクロファージをパワーアップさせる物質があることが、わかった。
それが、リポサッカライド(LPS)。

LPSは、土や野菜の中にいる微生物の成分ひとつで、元々は人間の体には存在しない。しかし、LPSを積極的に摂取することで、風邪やインフルエンザの予防だけでなく、花粉症の抑制、またガンの予防にもなるそうだ。

LPSの第一人者である、杣源一郎氏によると、「LPSは土壌の中にいる微生物の成分で、食べることより、粘膜を通じて体の中の免疫細胞を活性化。空気中にも存在し、皮膚で触れることで免疫細胞に働きかける」という。

LPSを摂取すると、荒れた肌が改善されるという研究結果の他に、アルツハイマー病にも効果があり、ガンになるリスクを下げることができる。

個人差があるが、LPSが少ない人は、ストレスが多い人や、極端に綺麗好きな人。
消毒や殺菌などを過剰に行うと、LPSも一緒に死滅させてしまっている可能性がある。

杣氏オススメの食材は、玄米、メカブ、レンコン、ヒラタケ、岩のりで、これらをバランスよく食べることで、LPSを体内に採り入れることができる。
さらに、ヨーグルトを一緒に摂ると、免疫力がアップするそうだ。

現在、LPSは市販されていない。
これらの食品を積極的に摂って、病気になりにくい体になろう。

当時の記事を読む

マイナビ学生の窓口の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年2月23日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。