若者を取り込む狩猟ツアー。奈良女子大はハンティングサークルを設立

若者を取り込む狩猟ツアー。奈良女子大はハンティングサークルを設立

15日の「ちちんぷいぷい」(毎日放送)は、若者をターゲットに狩猟ツアーが行われていることを放送した。
奈良県、和歌山県の山間では、鹿やイノシシが多くでる地域。

これは、簡単に言うと「狩人になりませんか?」というもの。
この春、奈良女子大学では「ハンティングサークル」が設立された。
現在の部員は8名で随時メンバーは募集中だが、もちろん女子のみ。

活動内容は、狩猟の知識と技術の習得。
ジビエ料理の創作。
ジビエイベントでの出店などがある。
(ジビエとは狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉)

「ハンターの担い手を増やすのが目的」とされているため、県の新年度予算案から支援費用をおよそ330万円受けている。

鳥獣の農作物の被害は、年間2億円。
現在、ハンターは、年々減少しており、その7割が60歳以上で若者が少ないのが現状。
しかし、女性のハンターは増加傾向にある。
その目的は、ジビエ料理がしたいのだとか。

環境省は、狩猟の魅力フォーマル各地で展開し、大日本猟友会は、「目指せ!借りガール」というHPを開設。
女性の狩猟人気は高まりつつある。

そんな中で、京都では、「本気で狩りを生業に!」という人向けの、「狩猟女子ツアー(+男子ツアー)」が開催された。

参加者の目的は、「海外の田舎で生活したい」、「夢は田舎暮らし」、「狩猟をして自給自足をしたい」などさまざまだが、レジャー感覚の人はいない。

企画は、南丹市美山町の「野生復帰計画」で、猟の意味を知って、現実に向き合ってもらおうというもの。
実際に、4頭の鹿を山にはなち、山頂付近にいる鹿をハンターが待ち場といわれるポイントに追い込みハンターが狙う。


あわせて読みたい

マイナビ学生の窓口の記事をもっと見る 2016年3月15日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら