「とにかく飛び込めばいい」岡田将生さんが落語に挑戦して感じたこと #昭和元禄落語心中

「とにかく飛び込めばいい」岡田将生さんが落語に挑戦して感じたこと #昭和元禄落語心中


現在好評放送中のドラマ『昭和元禄落語心中』で八代目 有楽亭八雲(菊比古)役を演じている岡田将生さん。戦争の時代の落語家たちの生き様や芸の絆に結ばれた若者たちの熱い友情、師弟や男女の情愛、嫉妬、別れ、そして無二の親友の事故死を巡るミステリー……。さまざまな要素をもつ本作で、クールで謎多き噺家を演じる岡田さんは、今回、落語に初挑戦したそう! 岡田さんに本作についてお聞きするとともに、学生の窓口読者である大学生へ向けてメッセージをいただきました。

取材・文/落合由希
写真/為広麻里
編集/学生の窓口編集部

INDEX

1.落語は自分自身との闘い!
2.落語で学んだのは、俳優としての視点と「人はひとりじゃだめだ」ということ
3.挑戦に心がまえなんていらない。「とりあえず飛び込め!」


岡田将生さんのチェキプレゼントはコチラ

落語は自分自身との闘い!

ーー最初に今作のお話を聞いたときはどのように感じましたか?

最初にお話をいただいたのは1年前だったんですが、落語のらの字も知らなかったので、どう演じるのか全然想像もつきませんでした。でも、少しずつ落語を知っていく中で、落語監修をしてくださっている柳家喬太郎師匠に噺をする楽しさやネタ自体の面白さを教えていただき、落語を好きになっていって……今ではどハマりしています。

ーーそんなにハマってるんですか!?

落語を稽古していると、だんだん欲が出てくるというか、自分がどうしてもやりたいと思う噺が出てきてしまって。助六や与太郎が本当にみんなを笑わせるネタをやるので、それを袖で見ているうちに「僕もちょっとは笑わせたいな」と思うようになってきたんです(笑)。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。