映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』に登場したテクノロジーで実現したものは? 映画の中の2015年と現実の2015年を徹底比較!!

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』に登場したテクノロジーで実現したものは? 映画の中の2015年と現実の2015年を徹底比較!!

実現しているテクノロジーホバーボード(宙を浮くスケートボード)

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』に登場したテクノロジーで実現したものは? 映画の中の2015年と現実の2015年を徹底比較!!


ホバーボードはさまざまな企業、また個人団体が開発をしています。ただそのほとんどが実用化に至っておらず、唯一市販されたのが「ARCA Space社」の「ArcaBoard」のみでした。しかも価格は約240万円と高額だったので、子供のおもちゃ用として遊べるようになるには、まだまだ時間がかかりそうですね。

ArcaBoard

自動靴ひも調整シューズ

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』に登場したテクノロジーで実現したものは? 映画の中の2015年と現実の2015年を徹底比較!!


映画の中では、自動で靴ひもを調整してくれるナイキ製の靴が登場しましたが、これは2017年に「ナイキ ハイパーアダプト 1.0」という商品で実用化されました! 内蔵されているセンサーによって、シューレースが自動で締まり、シューズが足にフィットします。また、シューズの脇に2つのボタンがあり、紐をきつくしたりゆるくしたり、自分の好みに調整することができるようになっています。市販価格は8万1,000円(税込み) で、カラーはブラック/ブルーラグーン、ブラック/ユニバーシティー レッドの2色展開となっています。

ナイキ ハイパーアダプト 1.0

自動乾燥服 (Self Drying Jacket)

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』に登場したテクノロジーで実現したものは? 映画の中の2015年と現実の2015年を徹底比較!!


服の中に内蔵されているファンで、濡れた服を自動乾燥させる「自動乾燥服」は、アメリカの「FALYON(ファルヨン)社」が開発しています。見た目も映画に登場するものとそっくりで、機能もほぼ同等になっています。ただ、今回はクラウドファンディングの出資者のみの販売で、残念ながら一般販売はされていないようです。今後に期待しましょう!


あわせて読みたい

マイナビ学生の窓口の記事をもっと見る 2019年1月8日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら