テクノうどんにライブペイント! 多摩美テクノ研究会では、何でもつくっていい。 #なぞサークル調査隊

テクノうどんにライブペイント! 多摩美テクノ研究会では、何でもつくっていい。  #なぞサークル調査隊

数え切れないほどある大学の部活やサークル。その中でどのような活動を行っているのか気になるものはありませんか?
この連載 #なぞサークル調査隊 では、そんな気になる部活やサークルの実態に迫ります。今回は、テレビ番組にも登場して話題となった多摩美術大学の『多摩美テクノ研究会』を調査してみました!

最初はサークルじゃなかった?

多摩美テクノ研究会の部長・鈴木創大さんにお話を伺いました。

テクノうどんにライブペイント! 多摩美テクノ研究会では、何でもつくっていい。  #なぞサークル調査隊

▲プレー中の部長の鈴木さん

――サークルの歴史を教えてください。

鈴木さん 『多摩美テクノ研究会』は2009年に発足しました。今年で10年目です。

――創部の経緯は?

鈴木さん 美術学部に情報デザイン学科という学科があるのですが、当時そこに所属していた音楽好きの先輩たちが、教室を利用して音楽活動を行っていたそうです。それが基となり、テクノ研究会ができたと聞いています。

――最初はサークルではなかったのですね。

鈴木さん そうですね。部ではないので、現在のように部室はなかったそうです。

――そこから10年も続いているのはすごいですね!

テクノ研究会は貴重な創作活動の場でもある

――活動内容を教えてください。

鈴木さん 月に一度くらいのペースで部室や学内のホールでライブを行っています。学外のクラブを借りてライブをやることもありますね。ライブの内容はDJ、VJ、ライブペイント、即興音楽などいろんなことをやっていますよ。

――普段はどんなことをしていますか?


あわせて読みたい

マイナビ学生の窓口の記事をもっと見る 2019年6月10日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。