打ち切りアニメ7選!なんと4回で打ち切りになったものも!

打ち切りアニメ7選!なんと4回で打ち切りになったものも!

現在では「クールシステム」が一般的になっているため、アニメ番組の打ち切りなんて事態はほとんど見られなくなっています。しかし、かつては「低視聴率のため」「スポンサーの都合」など、さまざまな理由で予定の話数を放送できなかったアニメがたくさんありました。

今回は、そんな不幸な目に遭ったアニメ作品をご紹介します。

■『ドン・ドラキュラ』(放送:1982年)

手塚治虫先生の同名漫画をアニメ化。なんと放送されたのはたったの4回で、「日本最短で打ち切りになったアニメ作品」といわれています。製作を担当したのは、手塚プロダクションと三京企画ですが、この三京企画はアニメ放送中に倒産しています。

■『RGBアドベンチャー』(放送:2006年)

BS-iで放送されたアニメ作品ですが、半年の予定だったのですがわずか第6話で終わってしまいました。第6話の後は「番外編」「総集編」が放送されたのですが、第7話以降は放送されませんでした。「制作会社の都合により放送継続が不可能になったため」だそうです。

■『SF西遊記スタージンガーII』(放送:1979年)

松本零士先生原作のアニメ。前作『SF西遊記スタージンガー』は好調で全64話、65話から改題して『SF西遊記スタージンガーII』になったのですが、タイトル変更後はわずか9話で終了。『SF西遊記スタージンガー』は全73話となっていますが、IIが9話分含まれています。

なんだかお気の毒ですね。


あわせて読みたい

マイナビ学生の窓口の記事をもっと見る 2015年3月7日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら