関西のおばちゃんの「飴ちゃん」文化を知りたい!

関西のおばちゃんの「飴ちゃん」文化を知りたい!


大阪など関西のおばちゃんは、外出時に飴を持ち歩いて人に配るという話をよく聞きます。彼女たちは、一体なぜ飴を持ち歩き、人に配るのでしょう。持ち歩くのは、どんな飴でもいいのでしょうか。その『飴ちゃん』文化を探るべく、関西在住または出身の飴好きの女性たちに聞き取り調査をしてみました。

【関西では、飴ちゃんをこんなふうに使う!】
まず、飴ちゃんに関する具体的な思い出やエピソードを聞いたところ、こんな声が集まりました。

・「私は神戸育ちですが、子どものころから咳き込んだりぐずったりすると、おばちゃんが飴ちゃんをくれるのを当たり前と思って育ちました。実際、電車の中や劇場(特になんばグランド花月)では、隣から飴やみかんが普通に回ってきますし、私も回します」(45歳/大阪府在住)

・「里帰り出産したときのこと。大阪のおばちゃんという感じの看護士さんが『病室に食べ物の持ち込みは禁止です』と言ったあと『でも、飴ちゃんくらいはいいよ』と付け加えたのが印象的でした」(32歳/奈良県出身)

電車の中や劇場で飴やみかんが回ってくるなんて、関東の人には想像がつきにくい情景です。関西人にとっては、こんなにも飴が身近なのですね。

【目的はコミュニケーション!?】
次に、飴を持ち歩く理由を聞いたところ、

・「外で会った人に配って、お近付きになるため」(60代/奈良県在住)
・「周囲の人に配るため。咳き込んでいる人を見ると、いつでもどこでも飴を差し出します」(45歳/大阪府在住)


あわせて読みたい

マイナビ学生の窓口の記事をもっと見る 2011年7月8日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。