松嶋菜々子の主演ドラマ決定にフジテレビ若手社員が悲鳴

松嶋菜々子の主演ドラマ決定にフジテレビ若手社員が悲鳴
拡大する(全2枚)

松嶋菜々子の主演ドラマ決定にフジテレビ若手社員が悲鳴の画像はこちら >>
女優の松嶋菜々子(42)が、7月からスタートするドラマ『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系)の主役を務めることになった。


松嶋の連続ドラマの主演は、2013年に放映された『救命病棟24時シリーズ5』(フジテレビ系)以来3年ぶり。出演交渉の席には、フジテレビの亀山千広社長自らが出向き、口説き落としたという。


フジテレビ局内に詳しいドラマ関係者は、今回の出演交渉について、「ドラマの企画も配役も、松嶋サイドの意向をほぼ反映することをトップダウンで了承したそうです」と言う。


「フジがこの1年で平均視聴率二桁を超えたドラマは2番組だけ。福士蒼汰主演『恋仲』と、石原さとみ主演の『5→9~私に恋したお坊さん~』です。現在放送されている福山雅治主演の『ラヴソング』、伊藤英明主演の『僕のヤバイ妻』、松下奈緒主演の『早子先生、結婚するって本当ですか!?』、芦田愛菜とシャーロット・ケイト・フォックス主演の『OUR HOUSE』は、全てに一桁台の視聴率で大不振にあえいでいます。主演している俳優陣はみなイメージダウンしており、芸能人としての価値が暴落している。それなのに、松嶋はよく引き受けたものです」(番組制作スタッフ)


もっとも、松嶋側も現在のフジテレビのドラマが軒並み低視聴率に陥っていることを相当悩んだそうだ。


「亀山社長の顔を立てたということもありますが、松嶋が女優としてのキャリアの中での代表作は、『GTO』、『氷の世界』、『やまとなでしこ』、『救命病棟24時』シリーズなど、全てフジテレビで制作されたドラマです。『家政婦のミタ』(日本テレビ系)は最高視聴率40%以上を記録した大ヒットドラマですが、日本テレビではこの1番組だけで、フジテレビとは年季の差がある。また、リストラが噂されていた夫で俳優の反町隆史が、ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)のシーズン15に出演することが発表された。このことで、松嶋は『古巣のフジで冒険してみよう』と決めたようです」(芸能事務所関係者)


この記事の画像

「松嶋菜々子の主演ドラマ決定にフジテレビ若手社員が悲鳴」の画像1 「松嶋菜々子の主演ドラマ決定にフジテレビ若手社員が悲鳴」の画像2

当時の記事を読む

松嶋菜々子のプロフィールを見る
まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「松嶋菜々子」に関する記事

「松嶋菜々子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松嶋菜々子」の記事

次に読みたい「松嶋菜々子」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク