リオ五輪での引退が噂される福原愛へ「愛ちゃん結び」をきっかけにシューズメーカーが接近中

リオ五輪での引退が噂される福原愛へ「愛ちゃん結び」をきっかけにシューズメーカーが接近中


卓球女子日本代表選手の福原愛(27)にとって、リオデジャネイロ五輪が集大成となりそうだ。


「年齢的に見て最後のオリンピックになるのでは…」(体協詰め記者)


前哨戦だった荻村杯ジャパンオープン(東京体育館=6月15~19日)では、まさかの初戦敗退。世界ランキングは7位だが、年齢的な衰え、長期戦となった際の若手との体力差は否定できなくなってきている。


そんな福原の去就を意外な業界が見守っていた。


「ファッション業界です。シューズ関係が福原との接点を持とうとしています。同性に好感を持たれるタイプなので、本人にその気があるのなら、ファッション業界でも十分にやっていける」(芸能ライター)


近年では、斬新なデザインのウェアなどで試合をする若手選手もいるが、福原はごくシンプルなものを使用している。それでも、ファッション業界が注目する理由は、独自の靴紐の結び方にあるという。


「スポーツシューズの紐は、蝶々結びにするのが一般的です。福原は紐で左右に輪を作った後、ユニークな交錯をさせるんです」(同)


結び終わると、見た目は蝶々結びとほぼ同じ。しかし、ほどけにくくて、早く結べる。独特の交錯法を覚えなければならないが、最近になって使用されるようになってきた柄が入った靴紐や、パステルカラー系の靴紐で結べば、蝶々結びと異なる交錯なので、普通のスポーツシューズでもワンポイントのアクセントになり、おしゃれに見える。


「この靴紐の結び方は“愛ちゃん結び”と呼ばれています。このところは、スポーツシューズで会社通勤するOLも珍しくなくなってきたので、愛ちゃん結びをしている女性も見掛けます」(新橋に勤務するOL)


福原は子供のころから、この独特の結び方をしていた。海外遠征先で覚えたのだという。


今後の福原は、海外のプロリーグに挑戦するという情報もあれば、アスリートの食育に積極的な食品メーカーの講演活動を行うとの見方もある。の台湾人選手と結婚して家庭に入る可能性もゼロではない。


ファッションリーダーとしても活躍できるならば、たとえ引退しても、卓球界に強い影響を残しそうだ。

あわせて読みたい

まいじつの記事をもっと見る 2016年7月7日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。