性別変更したKABAちゃんの新しい名前に不安材料が

性別変更したKABAちゃんの新しい名前に不安材料が


タレントのKABA.ちゃん(47)は、今年3月末にタイで性別適合手術と声帯手術を受け、5月上旬に帰国。8月に戸籍上の性別変更を行った。


「今回の手術は総額1000万円以上かかったそうです。2013年には過去に整形手術を複数回受けたことを告白しており、2009年にあごを削って小顔に見せる手術と、耳たぶを大きくするための福耳手術を2回。2011年には二重まぶた、2013年は眼瞼下垂と二重まぶたを修正するための手術を受け、総額約210万円かかったとか。2014年には睾丸を摘出。今年ようやく完全に女性になったという流れです」(芸能ライター)


KABA.ちゃんは年少期から家族がバラバラで、本名の椛島永次(かばしま・えいじ)の“永次”という名前は、両親ではなく、親の知人が付けたものだった。


「そこに心残りがあったKABA.ちゃんは、戸籍変更を機に、両親に新しい名前を付けてくれるように頼み、両親は悩み抜いた末、『一華(いちか)』と命名しました。“一から出直す”と“一花咲かせる”という意味を込めたといいます」(同)


晴れて女性となったKABA.ちゃんは、今後は結婚してみたいそうだが、新たな本名となった『一華』には不安があるらしい。


「アネモネの和名は花一華なのですが、アネモネの花言葉は“はかない夢”、“はかない恋”なのです。いかにも結婚は遠そうな感じがします」(女性誌記者)


さらに、新しい名前で使っている文字には、あまり好ましくない共通点もあるのだという。


「さらに今年、スキャンダルを起こした人物を見てみると、舛添要一、石田純一船越英一郎と名前に『一』が付く人が多い。しかも『ー』(音引き)まで加えると、ベッキーショーンK、ファンキー加藤も入ってくる」(同)


スキャンダルには気をつけてほしい。


 

あわせて読みたい

KABA.ちゃんのプロフィールを見る
まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ヒロミ」のニュース

次に読みたい関連記事「ヒロミ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「薬丸裕英」のニュース

次に読みたい関連記事「薬丸裕英」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ベッキー」のニュース

次に読みたい関連記事「ベッキー」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月30日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。