フィギュアNHK杯前に羽生結弦が「風評被害」に

フィギュアNHK杯前に羽生結弦が「風評被害」に
拡大する(全2枚)

(C)Shutterstock


フィギュアスケートのグランプリシリーズ(GP)最終戦であるNHK杯が、11月25日から札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕した。


男子シングルに出場する羽生結弦が、トータル得点でまた300点を超えるのか、来年の平昌冬季五輪(韓国)に向けてどう調整していくかに注目が集まっている。


だが、意外な分野からも“羽生”の名前を耳にするようになった。それは、将棋界で七冠を達成したこともある羽生善治九段(46)が関係している。


将棋界といえば、三浦弘行九段(42)が、対局中にスマートフォンを使って将棋ソフトから次の手を参考にするという“カンニング疑惑”が報じられた。これに対し、当の三浦九段は否定したが、羽生九段が一部マスコミにコメントを求められ、「灰色」であると回答している。


「その後、羽生氏は夫人のツイッターを介して、改めて『白の証明も黒の証明も難しい』とコメントを出し直しました」(在京テレビ局記者)


しかし、その夫人のツイッターがまずかった。羽生夫人は元女優の畠田理恵(46)。なぜか、彼女のツイッターの表紙ページは、当時、羽生結弦だった。“羽生=はぶ”と“羽生=はにゅう”をひっかけたユーモアなのか、それとも羽生結弦のファンなのかは不明だ。それを受けて、スマホ不正疑惑のニュースをウェブで検索した一般ユーザーが、羽生結弦のホームページやフィギュアスケート関係のニュース掲示板に飛んでいるという。


この記事の画像

「フィギュアNHK杯前に羽生結弦が「風評被害」に」の画像1 「フィギュアNHK杯前に羽生結弦が「風評被害」に」の画像2

当時の記事を読む

まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月25日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。