鉄道ファンが感涙する伝説の「山手線ビデオ」とは?

鉄道ファンが感涙する伝説の「山手線ビデオ」とは?

ニングル / PIXTA(ピクスタ)


JR山手線をテーマにしたDVDがちょっとしたブームになっている。今年後半だけでも、9月に『「前面展望」JR山手線 外回り・内回り』(2枚組=マルティ・アンド・カンパニー)、10月は『「ワイド展望」山手線 E231系500番台 外回り/内回り/夜の展望(品川~新宿)』(ビコム)、12月2日には『夜の山手線 外回り』(同)が発売された。


これらは“展望ビデオ”という運転席からのノーカット映像を収録したものだ。この他にも、5月と10月にはバラエティー番組『空から日本を見てみよう』(テレビ東京系)をまとめた『No.10山手線南側編(渋谷―東京)』、『No.18北側編(渋谷―東京)』(共にデアゴスティーニ・ジャパン)、さらに10月はムック本『山手線みんなの鉄道DVDBOOKシリーズ』(メディアックス)も発売されている。


「“展望ビデオ”はVHS時代から人気のコンテンツです。山手線は1周が60分。東京観光も楽しめるので、鉄道ファン以外にも売れています」(鉄道ライター)


そうしたなかで、鉄道ファンの間で“伝説の山手線ビデオ”と呼ばれる作品があるという。2012年にDVD化された『運転室展望ビデオJR貨物山手貨物線』(文化放送開発センター)というもので、1989年の年末ごろに山手線と並走する貨物線(現在の湘南新宿ライン・埼京線)から撮影されたものだ。


「埼京線の渋谷開業は1996年、湘南新宿ラインは2001年から営業しているので、山手貨物線の作品内にはまだまだ国鉄の面影や昭和の情緒が残っています。車両も国電カラーのオンパレードで、鉄道ファンにとっては感動ものなのです」(同・ライター)


あわせて読みたい

まいじつの記事をもっと見る 2016年12月11日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。