54歳の筒井真理子がスクリーンで見せた妖艶な女優魂

54歳の筒井真理子がスクリーンで見せた妖艶な女優魂


妖艶な女優としてスクリーンを彩る筒井真理子が、映画『淵に立つ』(2016年=深田晃司監督)の演技で、毎日映画コンクールの女優主演賞をはじめ多くの女優賞に輝いた。


家族の中に闖入(ちんにゅう)してきた前科者に翻弄されながらも、いつしか好意を抱いてしまうという難しい主婦の役を、深みのある演技で見せたことが評価された。見どころはたくさんあるが、川沿いの木陰で男に身を委ねるところなどは、痛いほど女の性(さが)を感じさせている。後半に入って、大太りした姿で現れてくるのにも注目だ。ミステリアスで決してやさしい作品ではないが、彼女を見ているだけで楽しめる。


筒井真理子といえば、1月28日より新宿武蔵野館で公開される映画『アンチポルノ』(園子温監督)で、50代半ばとは思えない見事なヌード姿を披露しており、こちらも評判になっている。『日活ロマンポルノ』の復活作品第1弾として作られた作品なので、ヌードになっても不思議ではないが、その脱ぎっぷりが中途半端ではないのだ。


筒井は、映画初出演作の『男ともだち』(1994年=山口巧監督)でバストトップを見せていたが、今度はヘアまで披露したフルヌードになっている。それがどんなものかは見てのお楽しみだが、結構長く映っているので満足度が全然違う。それにSMっぽいのシーンも出てくるから見応えがある。


役柄は、新進女流作家の京子(冨手麻紗)が見せるサディスティックな振る舞いに翻弄されるマネジャーだ。極彩色に塗り込まれた部屋で、京子の言うことをてきぱきとこなしていくのだが、ファッショナブルな衣装が似合って実に美しい。

...続きを読む

あわせて読みたい

まいじつの記事をもっと見る 2017年1月31日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。