「A LIFE」が視聴率苦戦も竹内結子の主演ドラマが待望されている

「A LIFE」が視聴率苦戦も竹内結子の主演ドラマが待望されている
拡大する(全2枚)

(C)まいじつ


ドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS)に出演中の竹内結子が、主演の木村拓哉よりも“主演っぽい”と評判になっている。


同ドラマは今期最大の話題作だが、初回の平均視聴率は14.2%、2話目が14.7%、3話目も13.9%と右肩下がりになり、5日に放送された第4話は12.3%(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)と、上向かないままだ。


「木村の演じる沖田一光は、心臓外科医なのに脳外科の手術もするという、ありえない設定です。他の執刀医が手術のミスで患者の右手が不自由になった際には、病院が和解にもかかわらず、関係ない沖田が勝手に患者を説得して再手術をしていました。こんな無法な病院には、怖くて入院できません」(医学誌ライター)


そういった“設定の無茶”が多いせいか、期待された視聴率がいまいちなのは、木村の演技よりも脚本の問題なのではと考えている関係者が多いという。その一方で、小児科医の壇上深冬を演じる竹内の評判が上がり続けている。インターネット上に投稿された声を拾ってみると、《女医という役がピタリ》、《患者思いの先生に適役》、《きれい過ぎる》などの賛辞が目立つ。


「医者というのは、知識や技術だけでなく、安心感を与えることも大事です。竹内は親身になってくれそうな感じで、医者役がよく似合っています」(前出・ライター)


そこで、今度は木村ではなく、竹内をメインにした医療ドラマの企画が出ているという。


この記事の画像

「「A LIFE」が視聴率苦戦も竹内結子の主演ドラマが待望されている」の画像1 「「A LIFE」が視聴率苦戦も竹内結子の主演ドラマが待望されている」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク