「悪魔払い」をする神父が後継者不足に

「悪魔払い」をする神父が後継者不足に
拡大する(全2枚)

(C)Shutterstock


除霊と称して信者7人に激しい暴行を加え、殺害と重傷を負わせた『福島悪魔払い殺人事件』(1995年)など、“悪魔払い”に関する事件は、あとを絶たない。


そもそも、おはらいは一般の人々にとってあまりなじみのないものであろう。だが、欧州のカトリック教会では、社会に認められて経歴もしっかりとした神父が、悪魔払いを行っている。キリスト教に詳しい欧州在住のジャーナリストが解説する。


「神父は相談に来た人に、まず心理学者や精神医のもとを訪ね、診断書を持って再度来るようにと伝えるのです。悪魔払いをする神父の部屋の壁には“除霊師”としての正式な資格認定証書が掲げてあります」


だが、ある問題が浮上しているという。


「悪魔払いをする姿が怖すぎて、若い神父がやりたがらず、後継者が不足しているのです。だから、悪魔払いを行う神父の高齢化が課題となっているのです」(同・ジャーナリスト)


 



■ 昨年も「悪魔の仕業」による犯罪が


カトリック教会では、悪霊に取り憑かれる現象は信仰の問題として扱われる。


「聖書には、神とその対極に悪魔が存在すると明確に書いてあります。信仰を持っていない人は神を信じていないので、悪魔も信じていません。神を信じない人たちは、悪霊に取り憑かれたとする人たちのことを、心理学や精神医学で簡単に説明できる状態だと見ており、前近代的な迷信や神話に取り憑かれている人たちだと反論します。ちなみにカトリックでは、IS(イスラミック・ステート)は悪魔払いをしなければ無くならないと思っています」(同・ジャーナリスト)


この記事の画像

「「悪魔払い」をする神父が後継者不足に」の画像1 「「悪魔払い」をする神父が後継者不足に」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク