金正男暗殺で大儲けを画策!? 中国人「爆笑」便乗ビジネス

金正男暗殺で大儲けを画策!? 中国人「爆笑」便乗ビジネス

(C)Shutterstock


金正男氏の暗殺事件で、最も不思議な行動をしたのは中国である。


正男氏は中国の北京に第1夫人のシン・ミョンヒと息子のクムソルを、マカオには第2夫人のイ・ヘギョンと息子のハンソルに娘のソルヒを残し、本名を名乗れず死亡した。


「若いころに最初の夫人であるチェ・ヘリと同居を始め、息子のトンファンが生まれ、十数年前に北京在と伝えられたことがあります。さらにマカオで同居していた警護員兼第3夫人であるソ・ヨンランは、北朝鮮の対韓国工作関連部署出身であると報じられました。彼女は2001年5月1日に、正男氏が新東京国際空港で東京入国管理局成田空港支局に拘束される事件の際、一緒にテレビ画面に映し出されています。ちなみにそのときの小さな男の子がハンソルで、彼が手をつないでいたのは実母ではなく、第1夫人のシン・ミョンヒでした」(北朝鮮ウオッチャー)


 



■ 暗殺のニュースを見て商売を思いついた中国人


この事件は、中国人にも関心の高い事件だったのだろう。なぜかというと、「あなたも北朝鮮のスパイになれる」というキャッチコピーと共に、“あるTシャツ”を販売した男がいるのだ。この男は正男氏殺害に関与したとして逮捕された、ベトナム人女性が着ていた『LOL』のロゴの入ったTシャツの販売を思い付いたのだ。


「世界中で『LOL』のロゴが放映されただけに、これはいける!」と即断即決。同じデザインのTシャツをアリババ傘下のネットショッピングで大々的に販売を始めた。しかも1着で約630元(およそ1万円)という強気の値段だ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

まいじつの記事をもっと見る 2017年4月9日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。