北朝鮮の「シリアやリビアへの武器提供」罪悪を告発する証拠

北朝鮮の「シリアやリビアへの武器提供」罪悪を告発する証拠
拡大する(全2枚)

(C)Shutterstock


シリアのアサド政権が自国民に向けて、サリン(神経ガス)による攻撃を行ったと、広く非難されている。この攻撃で子供31を含む88人が死亡した。


シリアは、2013年に化学兵器禁止条約(CWC)へ加盟をしているが、北朝鮮は未加盟だ。現在、未加盟国は同国に加えイスラエル、エジプト、南スーダンの4カ国のみ。北朝鮮は化学兵器の保有を否定するが、未加盟であるために保有を強く疑われている。「持ってない」という北朝鮮の弁明を信じる専門家はほとんどいない。


「北朝鮮は、1966年7月2日にシリアと外交関係を樹立して以来、半世紀が経っています。1973年に第4次中東戦争が勃発した際に、北朝鮮はシリアに軍事支援を行い、戦闘機のパイロット30人や戦車兵200人、ミサイル要員300人を派遣しているほどの関係です」(軍事アナリスト)


シリアはCWC加盟国にもかかわらず、化学兵器を使用した。そのため、加盟以前の2013年以降も化学兵器を隠し持っていたか、全廃に応じたふりをしながら密かに製造を続けていたか、その両方かが疑われている。また、化学兵器禁止機関(OPCW)元責任者の「未申告分約700トンが残っている」との指摘もある。この残存分は、元をただせば北朝鮮が支援した化学兵器だ。加えてシリアと北朝鮮は、核開発でも協力関係にある。


 



■ リビアにも武器を提供


「北朝鮮とシリアが核開発で協力している可能性について、最初に報じたのはニューヨーク・タイムズ(2008年)です。アメリカ国防省関係者の証言として、《イスラエルが最近シリア上空で偵察飛行を行い、核施設とみられる地域の写真を撮影し分析した結果、北朝鮮がシリアに核物質の一部を供給していると確信している》と報じています」


この記事の画像

「北朝鮮の「シリアやリビアへの武器提供」罪悪を告発する証拠」の画像1 「北朝鮮の「シリアやリビアへの武器提供」罪悪を告発する証拠」の画像2

当時の記事を読む

まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月1日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。