2017年最高の青春映画「夜空はいつも最高密度の青色だ」

2017年最高の青春映画「夜空はいつも最高密度の青色だ」



■ 映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『夜空はいつも最高密度の青色だ』


東京テアトル、リトルモア配給/5月13日より新宿ピカデリーほかで公開
監督/石井裕也
出演/池松壮亮、石橋静河、松田龍平、田中哲司ほか


いい年をして、いまさら“青春映画”でもないと思うのだが、それでも年に1~2本は、鮮烈でいとおしい“若者映画”に出会えるのも、映画を見続けることの恩恵かもしれない。昨年は菅田将暉、小松菜奈の『溺れるナイフ』に惚れ込んだが。今年は、まだ上半期も終わっていないのに、この映画にノックアウトされた。もし、ボクがもっと若くて、10代後半か20代でこの映画を観たら、さらに愛着、共感が増したろうに、と思うと、それだけが口惜しい。


原作は最果タヒの詩集。詩集が元ネタとは珍しく、そこからオリジナルに近い形での映画化だ。新宿と渋谷を舞台にし、日雇い建設作業員の慎二(池松壮亮)と、看護師&ガールズバー嬢の美香(石橋静河)が出会う。報われない若き都市生活者たちが絶望と希望のはざまで生きてゆく…と書くと、ありきたりだが、そんなあらすじでは伝わらない繊細な味わいは、映像を観なくちゃ始まらない。監督は『舟を編む』などの石井裕也で、個人的には今回が一番素晴らしい。まさに“最高密度”の映画である。


 



■ 石橋静河の存在感は見ておくべき


5歳からの東京在住者として、いまでも都会を彷徨うことに飽きないし、この映画における新宿、渋谷の市街の空気、質感は大いに共有できる。ああ、ボクも若いころ、苦渋のどん底サラリーマン時代は、こんな感じでいたなあ、と。慎二と美香による渋谷・宮下公園の階段シーンが印象的だ。見慣れたはずの風景の中で、こんなにもヒリヒリする映画が生まれるなんて!


あわせて読みたい

石井裕也のプロフィールを見る
まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「石井裕也 + 結婚」のおすすめ記事

「石井裕也 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「黒沢清」のニュース

次に読みたい関連記事「黒沢清」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「クエンティン・タランティーノ」のニュース

次に読みたい関連記事「クエンティン・タランティーノ」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月15日の映画記事

キーワード一覧

  1. 石井裕也 結婚

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。