脳天と臓物を刺激するブラッド・ピットの傑作サイコ・スリラー映画

脳天と臓物を刺激するブラッド・ピットの傑作サイコ・スリラー映画
拡大する(全2枚)

脳天と臓物を刺激するブラッド・ピットの傑作サイコ・スリラー映...の画像はこちら >>



■ 映画評論家・秋本鉄次が往年の名作傑作を探る『昔の映画が出ています』


作品目『セブン』

アメリカ/1995年
監督/デビッド・フィンチャー
出演/ブラッド・ピットほか


ゴールデンウィーク中に起こった愛媛県今治市の“高齢者連続殺傷事件”は、参考人の30代女性が事情聴取を受けたあとに自殺したため、容疑濃厚とはいえ、真相は闇の中になる可能性もある。もし仮に、この参考人女性の犯行だとしたら、高齢者のみを狙った“連続殺人”なのかもしれない。こういうターゲットを定めた犯行は、19世紀の“切り裂きジャック”の昔から種は尽きまじ、と改めて実感するのだ。


そこで、サイコ・スリラーの大ヒットおよび衝撃の傑作! との誉れ高いこの作品はどうか。実は同じく1990年代をドス黒く彩り、先日亡くなった監督のジョナサン・デミ追悼も込めて『羊たちの沈黙』(1991年)を推そうと思ったのだが、ふと、この『セブン』が頭をよぎったら離れなくなった。この当時、多重人格者を描いた“ビリー・ミリガン”や異常殺人犯を追ったノンフィクション『FBI心理分析官』がベストセラーとなり、世は“サイコ・スリラー”ブームでもあったころだ。ちなみにバブル崩壊もこのころである。


 



■ 「七つの大罪」をテーマにした猟奇殺人の果てに…


いま思い出しても胸クソが悪くなる、暗澹たる思いにさせられる映画である。だから、取り扱い注意。生理的にこの手の凄惨な作品は苦手、という人はパスした方が賢明かも。それでも好奇心旺盛な貴女なら止めはしませんが……。若き日のブラッド・ピットを拝みに来て、脳天ド直撃のショックを食らってしまえ、って挑発しよう。監督のデビッド・フィンチャーはダークな世界を撮らせたら天下一品の異才。近年の『ゴーン・ガール』(2014年)も良かったしね。


この記事の画像

「脳天と臓物を刺激するブラッド・ピットの傑作サイコ・スリラー映画」の画像1 「脳天と臓物を刺激するブラッド・ピットの傑作サイコ・スリラー映画」の画像2

当時の記事を読む

まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク