中国・習近平主席が孤立化…血で血を洗う権力闘争

中国・習近平主席が孤立化…血で血を洗う権力闘争
拡大する(全2枚)

(C)Shutterstock


学校法人『森友学園』と『加計学園』についての問題で揺れる安倍晋三内閣だが、アメリカのドナルド・トランプ大統領、中国の習近平国家主席、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領にくみしていけるのは、結局、安倍首相しかいないだろう。習主席とプーチン大統領には、選挙というものがない独裁体制を権力のよりどころにしているし、トランプ大統領には強大な大統領権力というものがある。自民党一党独裁でも、この三国の前にはあまりにひ弱だが、それでも民主党政権時代よりましだ。


見掛けは勢いのいい習主席だが、現在“そして誰もいなくなった”状態にある。


「習主席の盟友だった王岐山が離反しました。王は習主席が頼りにする右腕であり、共産党の事実上のナンバー2といわれる実力者で、妻の姚明珊が元副総理の姚依林の娘であることから、『太子党』の系譜に連なる人物です」(中国ウオッチャー)


王岐山というのは、一体どんな人物なのか。


「2012年秋の党大会で最高指導者の座についた習主席は、その直後に王を中紀委のトップに指名し、王は習主席が発動した“反腐敗キャンペーン”の陣頭指揮をしました。その結果、胡錦涛政権時代に石油閥および公安のドンとして君臨した周永康(前党中央政治局常務委員)や、胡の腹心で党内人事を牛耳っていた令計画(前党中央弁公庁主任)、人民解放軍の制服組トップだった郭伯雄(前党中央軍事委員会副主席)ら、大物を次々に牢獄送りにしています。しかし、いまは習主席との共闘関係から離れたことで“中南海仲良しクラブ”は事実上、空中分解しています」(同・ウオッチャー)


この記事の画像

「中国・習近平主席が孤立化…血で血を洗う権力闘争」の画像1 「中国・習近平主席が孤立化…血で血を洗う権力闘争」の画像2

当時の記事を読む

まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「中国・習近平主席が孤立化…血で血を洗う権力闘争」の みんなの反応 2
  • 左巻きより左利き 通報

    「あるいは対外闘争、つまり紛争や戦争に打って出る」……これは独裁国家の定石だが、しかし相互の正しい軍事力認識を基にした軍事的リアリズムだけが紛争を抑止できることも事実だ。

    1
  • 匿名さん 通報

    やたら戦争を煽るだけのアベは習近平よりもはるかに頭が悪い。アベには指導者の資質が欠落している。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「森友学園」に関する記事

「森友学園」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「森友学園」の記事

次に読みたい「森友学園」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク