「健康オタク」だった金正恩の祖父・金日成 ~その2~

「健康オタク」だった金正恩の祖父・金日成 ~その2~

trikehawks / PIXTA(ピクスタ)


(その1からの続き)


北朝鮮では建国の父として“永遠の主席”と崇められる故・金日成だが、生前120歳まで生き永らえようと躍起になっていたらしい。


「金日成主席は、“長寿は睡眠から”と固く信奉していたといわれ、寝具も超人海戦術で作られました。漢方医のソク・ヨンファ氏による書籍『金日成の長寿健康法』によると『寝具は、スズメのあごの下にあるわずかな柔らかいふさふさの毛だけを使用して特別に製作された』ということです」(北朝鮮ウオッチャー)


1羽からほんのひとつまみ程度しか取れない貴重なもののために、使用されたスズメは70万羽という途方もない数に達した。群れない野生のスズメを獲るために、多くの人が全国で動員され、スズメ狩りを行ったと推測される。


寝具に関してはまだある。別荘のベッドには、体の各部位が当たる箇所ごとに薬剤が使用されており、枕には32種類の漢方薬が使われていたというのだ。


北朝鮮の庶民は一生のあいだに布団を持つこともなく、ましてや枕はレンガにわらを巻いて使用しているといわれる。こうした庶民の暮らしぶりなどに関心はなかったのだろう。少しでもあれば、こんな常識外れの行為ができるはずはない。


さらに、あの『喜び組』も健康増進に一役買っていた。


「17歳から20代前半の美人女性で構成された喜び組は、金日成主席を笑わせることもひとつの任務でした。彼が行くところには、常に喜び組の2~3人が同行し、子供っぽい仕草をしたり、甘えたりして、日成爺を喜ばせていたのです。これは1回笑うたびに脳細胞が活性化する効果があると『金日成長寿研究所』が勧めたためでした」(同・ウオッチャー)


あわせて読みたい

気になるキーワード

まいじつの記事をもっと見る 2017年8月15日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら