24時間テレビが犯した2つの「大きなミス」

24時間テレビが犯した2つの「大きなミス」
拡大する(全2枚)

(C)Shutterstock


節目の40回目を迎えた日本テレビの『24時間テレビ 告白~勇気を出して伝えよう~』は視聴率も上々で、マラソン企画が1992年に始まって以来、初めて放送当日にランナーを発表するなど、大きな注目を集めたことが功を奏した。


「視聴率は上々でしたが、日本テレビは視聴者を怒らせる大きなミスを2つ犯しました。まず、恒例のチャリティーマラソンのランナーをスペシャルサポーターのブルゾンちえみが務めると発表するまでに、かなりの時間を費やしたことが挙げられます。ブルゾン本人に通達されたのはスタートのわずか1時間前で、いつも通り『with B』こと『ブリリアン』を引き連れて登場しましたが、テレビ局には番組開始から1時間が経過した19時ごろから『いつから走り出すのかはっきりしろ』というクレームが入り始めました。当日発表も異例ならば、スタートから2時間以上も引っ張ったことも異例で、唐突に指名されるランナー側の体調も考慮されていません。終わってから改めて考えても、傲慢な企画だったと思います」(放送作家)


ランナーについて、“負けず嫌いの人”や“走る理由のある人”など情報を小出しにして視聴者の興味を引っ張り続け、2時間にわたって発表せずに放送を続けた。これにいらいらした視聴者は多かったようだ。


 



宮迫博之をなぜ出演させたのか


そもそもこのランナーを当日発表するという企画は、24時間テレビで長年、マラソンランナーのトレーナーを務めてきた坂本雄次氏が「最後の伴走になるかも知れない。いままでにないことをしたい」と漏らしたことがきっかけになったという。この日、坂本氏はブルゾンを指名した理由について「何より、やる気がある」と説明した。事前の練習にも立ち会っており、熱意を肌で感じ取っていたようだ。ランニング練習3回目で30キロを走りきったこともあり「ポテンシャルがある」と高く評価していた。


この記事の画像

「24時間テレビが犯した2つの「大きなミス」」の画像1 「24時間テレビが犯した2つの「大きなミス」」の画像2

当時の記事を読む

まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「視聴率」に関する記事

「視聴率」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「視聴率」の記事

次に読みたい「視聴率」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年8月28日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 視聴率 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。