伊達公子が2度目の現役引退を決めた諸事情

伊達公子が2度目の現役引退を決めた諸事情

(C)zippy / Shutterstock


女子テニスの元世界ランキング4位で、46歳の伊達公子が、8月28日に自身のブログで現役引退を発表した。9月11日に開幕する『ジャパン女子オープン』(東京有明テニスの森公園)が最後の大会出場になる。


ブログには、《伊達公子、再チャレンジにピリオドを打つ決断をいたしました。》記した。マネジメント事務所によると、9月7日に記者会見をする予定だという。世界トップクラスだった1996年に一度現役を退き、2008年4月から復帰していた。


「復帰当時はテニスの人気が下火で、部活でテニスを選択する中学生や高校生も少なかったため『自分が頑張ることでテニスというスポーツの素晴らしさを知ってほしい』と奮い立って復帰したという経緯があります。なんといっても四大大会で数多くのスーパーショットを見せていた“世界のDATE”の復活ですから、全世界に衝撃を与えました」(スポーツライター)


当時は、レーシングドライバーだった夫のミハエル・クルムの練習に付き合ってランニングをしていたので、まだ体力が残っていたが、このところは「体の疲れがなかなか取れない」と嘆いていたという。クルムとはのちに離婚している。


「伊達の全盛期は、世界にも多くの強豪がひしめいた時代でした。ライバルにシュテフィ・グラフやマルチナ・ナブラチロワがいて、どの大会でも死闘を繰り広げていたのです。伊達の活躍の歴史は、日本がテニスで世界に打って出て行く象徴だったのです」(同・ライター)


あわせて読みたい

気になるキーワード

まいじつの記事をもっと見る 2017年8月30日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。