北朝鮮ミサイル発射に紛れ尖閣諸島に「中国武装漁民」が上陸

北朝鮮ミサイル発射に紛れ尖閣諸島に「中国武装漁民」が上陸

(C)Shutterstock


2012年9月に日本が尖閣諸島(沖縄県石垣市)の所有権を取得してから、中国公安部海警局の公船による侵犯事件が急増している。2015年には中国海軍艦艇が南西諸島を何度も通過し、2016年6月にも尖閣諸島北方の日本の接続水域に侵入していた。昨年度の公船の領海への侵入回数は8回だ。これに対し、尖閣海域では警察機関である海上保安庁が中国公船に対応している。


一方、空では2012年12月に中国国家海洋局所属機『Y-12』が、尖閣諸島の魚釣島付近を領空侵犯した。2015年には、中国軍機が沖縄本島と宮古島間を通過する長距離飛行を行うなどの事態が発生している。その後、戦闘機が近接するなど活動が活発化し、中国機が出没する空域がさらに拡大している。


「中国海警局は、海保の船舶とは比べ物にならないくらい重武装で大型です。海保が対処できないか、著しく困難と認められる場合、海上警備行動を発令し、海自が海保と連携しつつ警察権の行使により対処することになっています。しかし、現行では黙って見ているしかありません。侵犯空域では対領空侵犯措置の任務を持つ空自が対処しており、2016年度のスクランブルは1168回で、そのうち中国機への対応が851回と、前年度と比べて280回も増加しています。ちなみに中国機へのスクランブルは全体の73%を占めています」(軍事ジャーナリスト)


 



■ 軍事行動でない場合は日本が対応しなければならない


あわせて読みたい

気になるキーワード

まいじつの記事をもっと見る 2017年8月31日の社会記事
「北朝鮮ミサイル発射に紛れ尖閣諸島に「中国武装漁民」が上陸」の みんなの反応 11
  • 匿名さん 通報

    国境離島を無人島のままにしておくのは良くない

    9
  • ニャ! 通報

    やはりミサイルは中露承認の発射だったか。

    3
  • 匿名さん 通報

    中国は地獄へ落ちる。

    3
  • 匿名さん 通報

    不法上陸阻止だから、別に海保が取り締まっても問題無いでしょう。 なぜに中国海軍が出てくる理由が有るんですかね?? 日本の国土なんだし、中国に言われる理由は無いんですが。

    2
  • 匿名さん 通報

    中国武装漁民の尖閣上陸を「明日にでも起きかねない」などと適当なことを書いてるが、もしこの1~2か月で起きなかった場合はちゃんと「間違ってました、御免なさい」記事を書くんだろうな!

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら