実は外国由来の神様が多い「七福神」

実は外国由来の神様が多い「七福神」

hashisatochan / PIXTA(ピクスタ)


“苦しいときの神頼み”という言葉があるが、なかでも経営者や自営業者が頼みにするのが『七福神』だ。


七福神がなぜ“7つの神様”なのかについては諸説ある。《七難即滅、七福即生》いう室町時代の句に基づくという説や、中国で尊敬を集めた老子思考の文人たち『竹林の七賢人』に基づいているなどの説だ。


とはいえ“7”という数字は、国や文化を問わず人を引きつけるので、何となく7つの神様に収まったというあいまいな説が有力視されている。


改めて、7柱の神様は以下の通りだ。


  • 大黒天(食物と財運の神)=インド、中国の神様
  • 恵比寿神(商売繁盛の神)=日本の神様
  • 毘沙門天(武運と財運の神)=インドの財運の神様、のちに中国で武運の神様になる
  • 弁財天(福徳と財運の神)=インドの神様
  • 福禄寿(長寿と財運の神)=中国の神様(道教)
  • 寿老神(長寿の神)=中国の神様(道教)
  • 布袋尊(千客万来の神)=中国に実在した僧侶

見渡すと、7柱のうち6柱が商売繁盛、財運、先客万来など商売にご利益がある神様であることが分かる。さらに日本の神様は恵比寿神だけで、ほかの神様はインドや中国の神様だ。


「日本の神道は、山や川などの自然や自然現象や神話の神、怨念を残して死んだ人に“八百万の神”を見出す多神教です。商売の神様を奉る要素はあまり見当たりません。商売繁盛の神様として最も知られる『稲荷神』も、もともとは稲の神ですから、農業の神様で商売をはじめ産業全般の神様になったのは、中世以降といわれています。京都にある総本山の『伏見稲荷大社』も、商人の人気を集めたのは江戸時代だったと伝えられているくらいです」(トラベルライター)


あわせて読みたい

まいじつの記事をもっと見る 2017年10月26日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら