獣医師よりも不足している「法医学者」

獣医師よりも不足している「法医学者」
拡大する(全2枚)

画像はイメージです Elnur / PIXTA(ピクスタ)


連続不審死の容疑で死刑判決が確定した木嶋佳苗被告や上田美由紀被告も、犯行が明るみに出るまで、何人もの男性が“自殺”や“事故死”で処理されてきた。遺族にはやりきれない話だが、他殺の可能性がありながら自殺や無理心中として警察に処理されることは珍しくないという。


警察庁の統計(2013年度)によると、警察に届け出された死体16万9047体(事故や震災死除く)のうち、犯罪死体は514体で、犯罪に巻き込まれた可能性がある変死体は2万339体だった。しかし、司法解剖された死体は8356体にとどまる。怪しくても、すべて解剖できないのが現実だ。


まず不審死を診る専門検視官(特別なトレーニングを受けた警察官)による検視は1割強にすぎない。多くは慣れない現場の警察官が“検視”をし、地元の開業医が“検死”をしている。


このように不確実な検案で“病死”と判断された異状死体は解剖されない。後日、問題が浮上した『パロマ湯沸器死亡事故』や『時津風部屋力士暴行死事件』のような、臨床医や警察官が見抜けない事件が多数埋もれている可能性が高いのだ。


 



■ 試算では現在の8倍の法医学者が必要


「日本では毎年120万人くらい亡くなっていますが、少なくとも100人程度の他殺は事故や自殺として処理されていると考えられます。変死体の場合は検視官の立ち会いで事件性の有無を確認しますが、解剖医の数が足りなくて手が回らない。司法解剖の予算の面でも厳しい状態です。また、検視官は事件のあった所轄警察からの要請で出動するのですが、第1次捜査を行う警察署員が無理心中と判断すれば、出動することもなく犯罪を見逃してしまうのです」(犯罪ジャーナリスト)


この記事の画像

「獣医師よりも不足している「法医学者」」の画像1 「獣医師よりも不足している「法医学者」」の画像2

当時の記事を読む

まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「獣医師よりも不足している「法医学者」」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    >>儲からない所には壁に穴を開けない自民党! -たかが、塾通いで有名校に入っただけで偉ぶる成り上がりのアホ学生。それが、医師になって都会に集中し荒稼ぎ。志も無い大学。何でも、人のせいか?

    4
  • 匿名さん 通報

    法医学は儲からない。儲からない所には壁に穴を開けない自民党!

    2
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年11月26日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。