北海道に「500万人の中国人」が押し寄せる未来 | 中国の北海道「乗っ取り作戦」全貌 ~その6~

北海道に「500万人の中国人」が押し寄せる未来 | 中国の北海道「乗っ取り作戦」全貌 ~その6~

中国農村部から都市部へ移住する『農民工』の人々(中国陝西省・西安)(C)Hung Chung Chih / Shutterstock


(その5からの続き)


中国は「北海道の人口(547万人)を1000万人にしよう」と言い始めている。それはつまり、500万人の中国人が北海道に移住してくることを指す。将来的に人口構成を変え、日本人を少数民族に転落させるのが狙いだ。


日本にはその野望を補填する“脳天気”な条例制定の先例がある。それは『常設型住民投票条例』だ。


「北海道庁によると、2015年4月1日現在、芦別市、北広島市、増毛町の3市町が常設型住民投票条例を制定しています。また道内179市町村のうち51市町村で、自治基本条例が制定されており、このうち稚内市や安平町、むかわ町、猿払村、美幌町、遠軽町の6市町村は、自治基本条例のなかに住民投票を規定した上で、実施する際の具体的内容や手続きなどを盛り込んでいるのです。実質、常設型住民投票を認める内容になっています」(地元紙記者)


住民投票における“常設型”は、投票の資格や投票方法などをあらかじめ条例に定めておいて、些細なことでも請求要件を満たしていればいつでも実施できる。市町村が独自に制定でき、外国人にも投票権が保障される場合もあり、地方行政に直接参画できる。
その一方で、常設型以外にも『非常設型住民投票』がある。これは、住民の賛否を問う事案ごとにその都度、議会の議決を経て実施に必要な住民投票条例を制定するものだ。増毛町の例を取ると、投票は日本人のほか《18歳以上の永住外国人で、引き続き3カ月以上本町に住所を有し、かつ投票資格者名簿への登録を申請した者》と定めており、外国人にも投票を認めている。


「アメリカ総領事館は極秘に常設型住民投票条例の制定に警告を発しています。制定すれば、外国人が自治体の首長のリコールなどができるようになるからです。つまり、選挙権を得るほどのインパクトがあり、行政を牛耳ることも可能なのです。アメリカで韓国の慰安婦像がやすやすと建立されるのは、コリア系アメリカ人が、似たような圧力手法を取り入れているからなのです」(国際ジャーナリスト)


日本人女性と中国人男性のカップルも増えてきている。北海道へ行くためにパスポートが必要になる時代が、ついそこまで来ているのだ。


(了)


 

あわせて読みたい

気になるキーワード

まいじつの記事をもっと見る 2017年9月23日の社会記事
「北海道に「500万人の中国人」が押し寄せる未来 | 中国の北海道「乗っ取り作戦」全貌 ~その6~」の みんなの反応 11
  • 匿名さん 通報

    法律で外国人は土地を買っても一代で日本に返却。を施行すべし。

    41
  • 匿名さん 通報

    こういうことを許してはならない。お友達優遇の腹痛野郎は向こうから金でももらってるのか? 逃げるための解散してる場合じゃないだろ。 外国人が日本の土地を購入できないようにする必要がある。

    29
  • 名無し 通報

    支那人が日本の土地を変えないように法改正が必要。

    28
  • 匿名さん 通報

    中国は在日弁護団を囲ってるらしい。中国傘下の弁護団はググると出てくるが大まかに中核派弁護団、革マル派弁護団、日本共産党系の弁護団だそうだ。革マル派と中核派をテロ指定しないと防げない。

    23
  • 匿名さん 通報

    こんなの対処は簡単だよ?税法改正で非定住外国人者の不動産所得税を引き上げて滞納者の不動産は取り上げてしまうだけで十分だろ。

    20
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。