経済制裁渦中の北朝鮮「覚せい剤を国内消費」か

経済制裁渦中の北朝鮮「覚せい剤を国内消費」か

(C)Shutterstock


国連の対北朝鮮経済制裁決議で、これまで制裁項目にはなかった、《繊維製品の輸出禁止》が含まれた。石油禁輸とは比べ物にならないとはいえ、北朝鮮の外貨獲得においては大きな痛手だ。昨年の北朝鮮の輸出実績における繊維製品は、石炭や他の鉱物に次いで2番目に大きく、計7億5200万ドル(約845億円)を稼ぎ出しているからだ。


しかし、そこは強気の北朝鮮。テレビインタビューを受けた一般市民とおぼしき人物が、「輸出禁止の制裁をされたら国内消費すればいいだけさ」と述べた。そんな密輸禁止で国内消費された先例のなかには、覚せい剤もある。


北朝鮮には経済制裁が利かない。何しろ21世紀では考えられない、例えば手動式の発電機などがあり、石油を止められても何とか切り抜ける知恵を身に付けているからだ。


「統制経済が完全に瓦解したことで、庶民の手で物流もそれなりに整い、闇市(チャンマダン)には中国製品を中心としたさまざまな商品が豊富に並んでいます。隣接した中国の都市で調達した商品は、早ければ2日後には北朝鮮の地方市場に届くというくらいですが、物品を運ぶ運転手の多くが、オルム(覚せい剤)を使っているのです。そうすれば、二晩程度は眠気を催さずに目的地まで着くことができるからです」(北朝鮮ウオッチャー)


 



■ 海外からのラジオ放送を聞いている北朝鮮国民も


朝鮮中央通信は2011年2月に、中国の公安国境警備隊が、国境地域で計153件の麻薬密輸事件を調査・処理し、2883人を逮捕、各種の麻薬約4トンを押収したと報じた。これは氷山の一角だ。


あわせて読みたい

まいじつの記事をもっと見る 2017年9月27日の社会記事
「経済制裁渦中の北朝鮮「覚せい剤を国内消費」か」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    その名に偽りなしの「朝鮮犯島」

    0
  • 匿名さん 通報

    自滅への道まっしぐら。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら