冷めたラーメンにぬるいビール…理解し難い中国の食文化

冷めたラーメンにぬるいビール…理解し難い中国の食文化

(C) Shutterstock


日本人は“温かいものは温かいうちに”、“冷たいものは冷たいうちに”という食文化だ。しかし、中国では“生ぬるいビール”や“冷めたラーメン”が普通に食べられている。これは大陸気質の適当さが原因ではなく、中国の食文化なのである。


日本人がビールを最もおいしいと思う温度は、夏場は4~6℃、冬場なら6~8℃が適温といわれ、それより冷た過ぎてもぬる過ぎても、“泡立ち”と“のどごし”でおいしさが半減してしまうとされている。


「善意に捉えれば、中国の『医食同源』という考えから、必要以上に冷たいものを摂ることは免疫力を低下させるので、体によくないとされています。ビールもその考えに基づいているのでしょう。しかし一方で、北京や上海のような大都市ならともかく、それ以外の都市では冷蔵設備が十分に整っているわけではないからということも理由にありそうです」(フードライター)


 



■ 塩味に対する感覚の差


日本で大人気のラーメンも、中国人にとってはその他大勢のファストフードの一種でしかない。


「中国人は、熱々のラーメンを提供しなければならないとは思っていないのです。そもそも店主なり、責任者が適温と感じている温度がそれぞれ異なっているため、おのおのが思う温度でOKという考え方です。また、日本に比べて客数のキャパシティーが大きな店が多いこと、従業員教育が徹底されていないため、手際も悪く、それで提供時間が遅れて冷めてしまっているケースも少なくありません」(同・ライター)


あわせて読みたい

まいじつの記事をもっと見る 2017年11月11日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら