伊藤詩織氏と元TBS・山口敬之氏の「レイプ告発問題」泥沼化へ

伊藤詩織氏と元TBS・山口敬之氏の「レイプ告発問題」泥沼化へ

Graphs / PIXTA(ピクスタ)


元TBS記者の山口敬之氏からの性暴力被害を告発したジャーナリストの伊藤詩織氏。10月18日に手記『Black Box』(文藝春秋)を発売し、このなかで初めて本名を公表した。


それから約1カ月、山口氏が月刊誌で反論を表明するなど、泥沼の様相を呈している。


伊藤氏は2015年4月、当時TBSのワシントン支局長だった山口氏に、アメリカでの就労ビザについて相談するために会った。その際、飲食しているあいだに、伊藤氏は急に昏倒し、意識を取り戻すと、山口氏にレイプされている最中だったと主張している。


彼女の下着から検出された山口氏のDNA、山口氏のホテルへ移動したタクシー運転手の証言やホテルの防犯カメラ映像などの証拠を集め、告発を受けた警視庁高輪署も山口氏の逮捕令状を裁判所から得た。しかし、まさに捜査官が山口氏を逮捕しようとしたそのときに、警視庁本部の中村格刑事部長(当時)の突然の指示で、逮捕は見送られた。


そして、今年5月に伊藤氏は山口氏から性暴力を受けたとして検察審査会へ提訴をしたが、9月に不起訴相当を議決。事件の捜査は終わった。


これを受けて山口氏は報道活動を再開するとし、以下のような投稿をフェイスブックにおこなった。


《私は5月に伊藤詩織という女性から、「全く事実と異なる主張」に基づいた司法アクションを起こされたことをきっかけに、様々な判断から記者としての発信を控えてきました。しかし、先月の検察審査会の「不起訴妥当」という議決によって、伊藤氏側の主張は退けられ、刑事事件として完全に終結しました。これを受け、このたび正式に記者活動を再開する事に致しました。記者活動再開第一弾として、昨日(10/26)発売の月刊誌2誌に寄稿しました。二誌とも全国ほとんどの書店で扱っています。》


あわせて読みたい

まいじつの記事をもっと見る 2017年11月15日の社会記事
「伊藤詩織氏と元TBS・山口敬之氏の「レイプ告発問題」泥沼化へ」の みんなの反応 18
  • 匿名さん 通報

    意識を失ってる女をホテルに引きずり込んで強.姦してだ!これが罪に問われないという日本最悪。

    9
  • 匿名さん 通報

    おいマスコミ! 高畑裕太の時にも小出恵介の時も大騒ぎして、社会的制裁しただろう。なぜ山口敬之だけテレビでは報道されない。もっと公平に扱え!

    8
  • 匿名さん 通報

    籠池さん、前川前事務次官、詩織さん。 彼らは堂々と国民の前に姿を表した。 逃げも隠れもしなかった。

    7
  • 匿名さん 通報

    この件は、ほんとTVではほとんど報道されないな…。やはり圧力or忖度?

    6
  • 匿名さん 通報

    伊藤詩織さんのインタビュー、海外でも反響が寄せられています 他の国でも続々翻訳予定です 

    5
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら