戦後昭和30年代「戦争美化ブーム」を巻き起こした少年漫画誌

1941年の12月8日、日本海軍が真珠湾を奇襲。太平洋戦争が始まった。


毎年、8月15日の『終戦記念日』の近辺は戦争の悲惨さがテレビ番組などで取り上げられる。日本が二度と戦争にかじを切らぬよう、戦争を始めることの恐ろしさがクローズアップされすぎるということはない。なぜなら、戦争は美化されやすいからだ。


美化といえば、戦争の記憶も風化し始めた昭和30年代なかごろ、少年漫画雑誌を舞台に突然の戦記ブームが起きたことがあった。


戦後昭和30年代「戦争美化ブーム」を巻き起こした少年漫画誌


「戦時中の雑誌か!?」と思わせるほどの軍国主義的記事のオンパレードに、戦争未体験の子供たちは「こんなすごい兵器が日本に存在したのか!」と、その魅力を再発見した。


戦後昭和30年代「戦争美化ブーム」を巻き起こした少年漫画誌

『少年画報』少年画報社/1963年11月号より


当時、最も戦記企画に力を入れていた『少年画報』の戦車特集号。折り込み口絵は巨匠・小松崎茂が描く日本の戦車大編隊だ。


戦後昭和30年代「戦争美化ブーム」を巻き起こした少年漫画誌

『少年画報』少年画報社/1964年1月号より


怒濤の連合艦隊大特集。図解、文章、写真で徹底解説。颯爽と進む戦艦『霧島』を描くはもちろん小松崎茂。


戦後昭和30年代「戦争美化ブーム」を巻き起こした少年漫画誌

『少年画報』少年画報社/1964年2月号より


戦闘機というと『零戦』の紹介が多いが、『飛燕』や『隼』など陸軍戦闘機を特集した渋い号。小松崎の巻頭口絵も飛燕が主役だ。


『0戦太郎』、『紫電改のタカ』、『ゼロ戦レッド』などの戦記漫画、戦艦大和、九七式中戦車…人気兵器がズラッと並んだプラモデルの広告、そして大迫力の戦闘場面を描いたグラビア…。


あわせて読みたい

まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年11月25日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。