中国人民解放軍は近い将来「ターミネーター軍団」になる!?

中国人民解放軍は近い将来「ターミネーター軍団」になる!?

(C)Shutterstock


高性能ロボットを多数発表しているアメリカの企業『ボストン・ダイナミクス』が、驚くべき動画を公開した。2足歩行人型ロボット『アトラス』がバク転を披露したのだ。もはやロボットとは思えない身体能力を備えていることに、多くの人が驚きを隠せないでいる。


https://www.youtube.com/embed/fRj34o4hN4I?version=3&rel=1&fs=1&autohide=2&showsearch=0&showinfo=1&iv_load_policy=1&wmode=transparent


「2016年に公開されたアトラスは、悪路でも転ばない抜群のバランス感覚に加え、しゃがんで物を持ち上げる動作や、倒れても自分で起き上がることができました。その時点で基本動作はすでに身に付いていたのでしょう。そして、今回の動画からは誰もが『ターミネーター』を連想したことでしょう。ロボット兵士の出現は、もう間近だということです」(サイエンスライター)


現在、軍事用のロボット開発が最も進んでいるのはアメリカだが、中国も力を入れている。飛行機の無人化やミサイル技術、とりわけAI(人工知能)開発と相まった命中精度の向上、そして実戦に投入される軍事ロボットの研究開発に余念がないのである。


アメリカのシンクタンク『ジェイムズタウン財団』が発行する『チャイナ・ブリーフ』の7月6日号に、中国通で知られる軍事の専門家エルサ・カニア女史が、次のように中国のロボット開発の実態を報告している。


当時の記事を読む

まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月2日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。