市場拡大が見込まれる「電動アシスト自転車」課題は?

市場拡大が見込まれる「電動アシスト自転車」課題は?

(C)Shutterstock


昨年12月に神奈川県川崎市麻生区に住む大学2年の女子学生が、左手にスマートフォン、ハンドルに添えた右手に飲料カップを持ち、左耳にイヤホンという状態で自転車を運転して、77歳の女性に衝突し、死亡させるという事故が起きた。まさに危険運転の“全部入り”で、賠償は億単位になると推測される。


そして、この事故車というのが電動アシスト自転車だった。


「電動自転車が登場してから25年にもなり、市場はその便利さから活況が続いています。この間に最も進化したのが『バッテリー(電池)』です。かつては鉛だったものがリチウムイオンとなって軽量化され、その上、電池の寿命も伸びました。電池の持ちが延びるということは走行距離も延びるということで、最近の電動アシスト自転車は、一度の充電で50キロメートルから70キロメートルほど走れる優れものです」(自転車専門誌記者)


こうした進化を受けて人気も右肩上がりだ。自転車産業振興協会によると、一昨年の電動自転車の出荷はおよそ54万台、ここ10年間で2倍以上伸びている。自動車をやめて自転車に乗り換えるという人も増えている。


「日本国内市場をけん引するのはパナソニック、ブリヂストン、ヤマハの3社で、価格はママチャリタイプが8~15万円ほど。スポーツタイプで20万円前後です。しかし日本のメーカーはいま、センスに優れた海外の自転車ブランドの本格上陸に戦々恐々です。スタイリッシュなデザインの『ベスビー』や、アメリカのスポーツ自転車大手の『トレック』、イタリアの老舗ブランド『ビアンキ』などが続々と日本市場に進出しています」(同・記者)


あわせて読みたい

まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年1月21日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。