1970~80年代のエロスを支えた「名物編集長」の半生が映画化

1970~80年代のエロスを支えた「名物編集長」の半生が映画化



■ 映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『素敵なダイナマイトスキャンダル』


配給/東京テアトル テアトル新宿ほかにて3月17日から公開中
監督/冨永昌敬
出演/柄本佑、前田敦子、三浦透子、松重豊、尾野真千子ほか


1970~1980年代、昭和後期のサブカルチャーを『ウィークエンド・スーパー』、『写真時代』などでエロス方面から支えた名物編集長の末井昭の自伝の映画化だが、そんじょそこらの美化された人物伝とはひと味もふた味も違うユニークな出来となった。何しろ、幼少期に母親が情人とダイナマイトで爆死心中してしまう(当時、新聞沙汰になったので、大袈裟ではなさそう)という前代未聞の経験を持つ人なのだ。彼がなぜエロ業界の寵児となったのか、興味が湧くね。


そんな、末井昭少年の精神形成に影響を大きく与えたであろう“ブッ飛び母”を演じるのが、ご贔屓女優の尾野真千子。「彼女がブッ飛んでるヨ」とのウワサを聞いてイソイソと見に行ったら、本当に、文字通り、爆死してブッ飛んでいたのでビックリしたなあ。


ヌードになった初期の『真幸(まさき)くあらば』(2009年)のころと違って、最近の尾野真千子はヒューマン傾向の映画が目立つのが少々不満だったので、今回は凄絶な美しさで狂気を演じて快哉を叫んだ。


 



■ 当時ならではの雰囲気がよく出ている作品


末井氏とは、ほぼ同世代。ボクも70~80代サブカルチャー、とりわけエロス方面の洗礼はしっかり受けているので、とても親近感が湧く。特に、取り締まり側である警察とのやり取りが面白い。松重豊が「こういうの困んだよねえ」と方言丸出しの憎めない刑事さんに扮している。一方、末井氏を演じる柄本佑があの独特の脱力感で、警察で米つきバッタみたいにスミマセンを連発するけど、決して反省はしないで懲りずに出版を続けるエロ業界の心意気を体現してくれる。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 柄本佑 Instagram
  2. 柄本佑 映画
柄本佑のプロフィールを見る
まいじつの記事をもっと見る 2018年3月17日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「柄本佑 + 映画」のおすすめ記事

「柄本佑 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「柄本佑 + Instagram」のおすすめ記事

「柄本佑 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「佐藤浩市」のニュース

次に読みたい関連記事「佐藤浩市」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。