山口達也の事件で触れられないジャニー喜多川社長「同様の罪」

山口達也の事件で触れられないジャニー喜多川社長「同様の罪」
       

(C)Shutterstock


未成年の少女に対する強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予の処分が下った『TOKIO』の山口達也。この前代未聞の不祥事はゴールデンウィーク中もワイドショーをにぎわせた。


そんななか、テレビでは全く触れられることのない“ある件”でインターネット上が大いに盛り上がりを見せた。それは異例の“お詫び”コメントを発表したジャニーズ事務所、ジャニー喜多川社長の同性愛(少年愛)についてだ。


「いまから30年前の1988年に、元『フォーリーブス』の北公次氏(享年63)が『光GENJIへ』(データハウス)という暴露本を出版し、ジャニーズ事務所のタブーが明るみになりました。フォーリーブスは1968年にレコードデビューしたジャニーズ事務所初期の4人組男性アイドルグループで、“ジャニーズ戦略”の原点と言っていい存在です。一方『光GENJI』は1987年デビューで、本が出版された当時、ジャニーズで最も人気のあったアイドルグループ。ジャニー社長の昼夜を問わない性的虐待を告白して、その本は発売当時センセーショナルを巻き起こしました」(芸能記者)


北氏はその後、2冊の暴露本を出版し、北氏以外の元ジャニーズタレントのなかにも、これに追随する人が出てきた。中谷良氏の『ジャニーズの逆襲』(データハウス/1989年10月)、平本淳也氏の『ジャニーズのすべて 少年愛の館』(鹿砦社/1998年12月)、木山将吾氏の『SMAPへ―そして、すべてのジャニーズタレントへ 』(鹿砦社/2005年)などだ。木山氏が語るには、15歳から17歳までジャニー社長の“愛人”だったという。本では歌手デビューを餌に、ジャニー社長が10代の若い男の子たちに手を付けていった様子が描かれていた。


あわせて読みたい

山口達也のプロフィールを見る
まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「山口達也の事件で触れられないジャニー喜多川社長「同様の罪」」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    まいじつのアンチJ事務所化?暴露本、最高裁却下良く覚えてる。だから隠蔽術磨いて帝国築いたの?でも強豪が滅びる時はあっけないよ、元ジャニタレの一揆期待するわん。早く潰れろジャニーズ事務所!

    9
  • 匿名さん 通報

    まいじつ以外のそれとなく堅実なネット記事で書いてもらいたかった。 BJとかリアルライブ、文春とかあたりで。 まぁ奴隷制約結んでる輩からは一生むりでしょう。暴露本、自虐の山口君に期待します。

    3
  • 匿名さん 通報

    記事がまいじつだからな。イマイチ伝わらんな。しかし、大手芸能事務所とキー局は断罪されるべき対象。コイツらが日本をおかしくした。エンタメと報道はキッチリ分けるべきだ。

    3
この記事にコメントする

「山口達也 + 復帰」のおすすめ記事

「山口達也 + 復帰」のおすすめ記事をもっと見る

「山口達也 + TOKIO」のおすすめ記事

「山口達也 + TOKIO」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「小倉優子」のニュース

次に読みたい関連記事「小倉優子」のニュースをもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年5月7日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 山口達也 TOKIO
  2. 山口達也 復帰
  3. 山口達也 番組

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。