ワイセツかアートか?女性器に魅せられた「スティルライフオブメモリーズ」

ワイセツかアートか?女性器に魅せられた「スティルライフオブメモリーズ」


 



■ 映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『スティルライフオブメモリーズ』


配給/オムロ 新宿K’S cinemaにて公開中
監督/矢崎仁司
出演/安藤政信永夏子、松田リマ、伊藤清美ほか


一種の“女陰”フェチ映画とでもいうのだろうか。いまだに日本映画ではヘアのみ(それもナチュラル・ヘアで、性交中のソレはご法度という条件付き)で、女性器の露出なんてとんでもないわけだが、この映画のテーマは、自らのアソコを撮らせる女性と、それに魅入られてゆく写真家の話なのだから、邦画史上初かも知れない。


フランスの“女性器写真家”アンリ・マッケローニ(2016年死去、84歳)の写真集にインスパイアされた矢崎仁司監督が取り組んだ異色作で、さすが『ストロベリーショートケイクス』(2006年)、『無伴奏』(2016年)など禁断のエロスを描いてきたこの監督らしい着目ではないか。女性器は、ワイセツかアートか? 興味は尽きない。


新進気鋭の写真家・春馬(安藤政信)は、自分の写真展で出会った若い女性・怜(永夏子)から、(事情は)何も聞かない、ネガをもらう、を条件に「私の女性器を撮ってほしい」と依頼される。当初は当惑する春馬だが、山中のアトリエで、ソノ写真を撮り続けるうちに、女性器に魅入られるようになる…。


 



■ 気品漂う映像美で切り取る「矢崎美学」


『キッズ・リターン』(1996年)などの安藤政信が久々に水を得た魚のようだ。写真家でもある彼にはピタリの役柄だし。ボクが魅了されたのは、相手役の永夏子だ。永と書いて“はる”と読ませる名前からしてミステリアス。肩幅のある大柄タイプの個性派メガネ美人で、美貌をメガネで少し隠し、女陰をさらけ出す、というギャップがまずエロい。


あわせて読みたい

安藤政信のプロフィールを見る
まいじつの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「安藤政信 + コードブルー」のおすすめ記事

「安藤政信 + コードブルー」のおすすめ記事をもっと見る

「安藤政信 + Instagram」のおすすめ記事

「安藤政信 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「池内博之」のニュース

次に読みたい関連記事「池内博之」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年7月21日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 安藤政信 Instagram
  2. 安藤政信 コードブルー
  3. 安藤政信 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。